エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

「 職員問題 」 一覧

【会計事務所の人材不足】退職した職員の補充ができず、残る職員の負担が増え、疲労も募る!

いかにITが発達しても、人の手を借りずにできる会計事務所の仕事は、現在はまだまだ少ない。 月次訪問はいまだに重要 多くの顧客が記帳代行から申告までを依頼している場合、入力だけはパートに任せている事務所 ...

本当に人がいない……税理士事務所の所員が圧倒的に不足

もう聞き飽きたかもしれないが、税理士事務所に就職する人が極端に減り、経営を圧迫しています。 職員受け入れのニーズ急増 2年前でしたら、お客と職員を受けてほしいと言われた場合、すんなり受け入れる事務所は ...

事業承継、顧問先を承継できても、先生の人格までは引き継げません!

当然と言えば当然ですが、税理士と顧問先の経営者は、仕事だけで繋がっているわけではありません。 税理士の相性が合わなければ、社長も、自らの人生が詰まっている会社の秘密を明かすわけがありません。 税理士の ...

今時流行らない税理士事務所の暖簾分け、その理由は?

ある税理士が、同業者に「10数年勤めた税理士に暖簾分けして、独立させた」と話すと、「それで売上大丈夫なの?」。 事務所にとって大きなマイナスに見えるが、そうではないという。 厄介な顧客もあわせて暖簾分 ...

土曜日は、事務所で事業承継の話し合いに最適な1日、明日も、、、

曜日によって、事業承継の話がしやすい日があるかと言えば、特にはありません。 ただ強いて言えば、土曜日を話がしやすい日に挙げる人がいるかもしれません。 事務所承継のウワサが先走り 最初の段階で、譲り渡す ...

「職員を補充するのはもう限界!」、古老の税理士がギブアップ宣言!

税理士業界は、世間と同様、いやそれ以上の人材不足に悩まされ、経営が困難になる所も続出している。 税理士試験に挑戦する若者減少 ちなみに、税理士試験に挑戦する若者も年々減少し、予備校も他の講座を開設しな ...

税理士が死去。遺族が会計法人を経営する例がよく見られるが、、、

30数年前に税理士の節税策として、会計法人を設立し、家族を役員に据えることが流行った。 ここ数年は、この会計法人に税務署の目が光るようになり、名義貸しで処分される税理士も出ている。 会計ソフトの入力の ...

人材確保の成否は、税理士事務所の命運を握る!?

人材を確保できなくなって、事務所を閉鎖する高齢者も少なくない。 同時に営業活動をしたくとも、人材がなく、顧問先を増やせない事務所も少なくない。 顧客を独立所員に喜んで譲る所長 そんな事務所で、ベテラン ...

任せられる番頭さんがいる会計事務所は、承継も簡単!

税理士が辞めるから、番頭さんが職員をまとめ、新しい所長の下でサービスを継続する。 顧問先の面倒は、職員がみる。 そうすることで、顧問先も安心し、税理士も辞めることができる。 新所長が全所員を指導するの ...

退職した職員が会計法人を作り、高齢の税理士に名義借り?!

ある地方都市で、約30年事務所を経営していた60代後半の税理士さん、脳梗塞を患い、事業承継を決意。 その決意を事務所で番頭役を務める40代の職員に告げると、他の職員とともに辞めるつもりだと言う。 所長 ...

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.