エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

国内最多の実績!圧倒的な経験数!

会計事務所の事業承継・M&Aは実行後こそ肝要!
思いもよらぬ瑕疵、想定外の大誤算、セキュリティ事故、顧問先とのトラブル…。
仲介業者は、税理士法や税理士業界事情、各種規制の熟知は不可欠です。エヌピー通信社は2005年、日本で初めて会計事務所の事業承継・M&A事業を開始しました。
会計事務所の事業承継・M&Aでどこよりも豊富な経験、圧倒的な業界最多の仲介実績をもちます。
業務の質で選ぶなら 業界随一の老舗 エヌピー通信社です。
事業承継支援室では会計事務所の承継のお手伝いをしています。
税理士会や各種研修会など、全国どこへでもお伺いします。お気軽にお電話ください。

事務所価値が落ちる前に事業承継「もっと早く事務所を譲っていれば……」

ポイント

  1. 〝生涯税理士〟厄介な事務所経営から解放されるためエヌピー通信社が解決策・経営統合をサポート!
  2. 2005年から15年、全国200余の税理士法人・税理士事務所の承継をお手伝い!
  3. 完全引退の先生から税理士法人の社員税理士に就任する先生まで、様々なご要望に応えています!
  4. 顧問先情報に精通した職員の継続雇用を最重点に、具体的な解決案を提案!
  5. ご相談から契約成立まで最短1か月! 全国どこへでも担当者が伺います!
  6. コンサルティング手数料は成功報酬方式、契約が成立して初めて料金を請求! ご相談はもちろん無料!
会計事務所を立ち上げたばかりの所長税理士は誰しも、顧客増加による事務所拡大を目指す。

設立から10年、20年と時が経つと、経営が安定する事務所も多い。

しかし所長が高齢になれば、多くの事務所は伸び盛りの事務所との競争で勝つことが難しくなり、新規顧客の獲得をあきらめざるを得ないという状況になる。

その後は顧問先が廃業するごとに収益が減り、事務所は縮小していくことになる。

神奈川県の高本茂義さん(仮名)の例

神奈川県の高本茂義さん(仮名)の事務所もそうした例にたがわず、設立から30年ほど経ったころから新規顧客とめぐり合えなくなっていた。

顧問先が数十件あるうちは経営を続けるつもりだったというが、1件の優良顧問先との契約が終了したことをきっかけに、まだ多くの顧客が残っている段階で事務所譲渡を決意することになる。

「年間4、5件の顧問先が減ることは計算に入れたうえで事務所経営を続けていました。ただ、長年の付き合いがある顧問先から契約を打ち切られることはまったく頭になかった」

その顧問先は高本さんが開業した直後に起業し、いまでは地元で有数の売上規模を誇るほどに成長した中堅企業だった。

30年以上の付き合いがあり、どちらかが廃業するまでずっと顧問契約が続くと高本さんは思い込んでいた。

しかし創業者が勇退することを決めたことで状況は一変。

バトンを受け取った後継者が顧問税理士の変更を決めたという。

創業者からは「先生には悪いと思うけど、息子(後継者)にすべての経営判断を任せることにしたからどうしようもない」と電話があっただけで、その後に顔を合わせることはなかった。

その会社はすべての顧問先のなかで最も事業規模が大きく、顧問料は事務所の売上のかなりの部分を占めていた。

そのため、たった1件の解約で収益が大幅に減り、事務所価値は急落した。さらに価値が下がる前に事務所を譲ることにしたという高本さんは、「顧客が減り続けている状況で事務所経営を続けることのリスクを軽視していた。売上があんなに一気に下落するとは思っていなかった。もっと早く事務所を譲っていれば、譲渡先から受け取れるお金は全然違うものだったのに……」と後悔を口にする。

会計事務所の事業承継や合併のサポートをするエヌピー通信社事業承継・M&A支援室の大滝二三男室長は、「事務所譲渡の時期を見誤り、受け取れる“退職金”を大幅に減らしてしまう所長税理士は多い」と語り、高本さんの事例はレアケースではないとする。


会計事務所の事業承継・M&Aは豊富な仲介実績を誇るエヌピー通信社におまかせ下さい。
税理士先生ひとりひとりのニーズに応じて仲介いたします。

売買、後継者探し、共同経営など税理士事業承継・M&A、事務所の事業承継に関するすべてをコンサルティングします。
安心の完全成功報酬制です。

更新日:

NEW ENTRY

高齢の先生VSベテラン職員、軍配はどちらに?

よくある話ですが、税理士事務所に特有なことにも見える、職員が事務所の事業承継に反対し、所長はおお弱りというもの。 税理士なしで事務所は成立しないが、長年顧問先を職員任せにし、先生が"いない"状態の事務 ...

何時職員に話をするのか?

職員の雇用を守るためという意味合いが強い経営統合だが、事前に職員に、具体的な相手の名を告げて"相談"するのは賢明ではない。 税理士事務所の悪い噂は… 税理士業界では、事務所の良い情報は明らかにされてい ...

承継の具体的な方法、その一!

経営統合をいつ顧問先に知らせるべきかは、経験がないとわからないことかもしれない。 まず、統合先の代表者と所長連名の挨拶状を作成。 挨拶状を郵送するか、あるいは担当者が顧問先に臨場した際に手渡して説明す ...

自然な事務所の畳み方は?

高齢になって、気力も体力もなくなることを予期した税理士は、業務を続けることができなくなるまえに何を考えるのか? 税理士2名を含め職員10名を抱えていた税理士が、60歳の時に、業務を第一線で行うことを面 ...

記帳代行主力の事務所は時代遅れ?!

2020/10/16   -事務所経営

ある地方では、個人法人を問わず、年一決算の顧客のウェートが高く、決算が集中する時期は残業の連続。 さすがに一年間まったく帳簿を付けない顧客は少ないが、正確な仕訳をしているかと言えば、間違いだらけ。 こ ...

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.