エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

事務所経営 家族従業員の処遇 従業員 経営・承継のトラブル

家族従業員の悲しき末路?!

更新日:

会計事務所で所長の家族が勤務しているのはよくあること、しかも所長の右腕になっていない例もよくみかけらる。

 

仕事ができない子弟が…

所長の子弟がナンバー2としてバリバリ仕事をこなしている場合、事務所は勢いがあり、従業員も前向きの仕事に精を出している例が多い。

その一方、仕事ができない子弟が跋扈している事務所は、従業員も顧客に不平不満を訴える方に行ってしまい、顧問先からそっぽを向かれることになる。

そんな事務所が事業承継で新たな経営者を迎えると、仕事のできない子弟は居場所がなくなり、辞めざるを得なくなる。

もしも妻子があり、それも修学児童だったりしたら、家庭生活もままならなくなり、将来的には離婚、家庭崩壊になる可能性も高い。

現実にこのような仕事ができない子弟が、承継後数ヶ月で事務所から姿を消し、引き渡した税理士はその理由を口にしない事例が数例あった。

自分が経営しているときは仕方ないとわがままを認め、目をつむっていたが、経営が変われば口を挟むことはできない。

子弟の悲哀を親として脇からみることはできても、代わることができないため、ただわがままを許した自分を責めるしかない。

 

まとめ

 

子弟が資格を取れないと分かった時点で、方向を正しくした人は引退も楽になるはずだが、そこまで長期的にみる目を持たなければできないことだろう。

 

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-事務所経営, 家族従業員の処遇, 従業員, 経営・承継のトラブル

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.