エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

承継の決断理由、悩み 経営・承継のトラブル 経営統合・M&A

○○「先生に頼んであるから、心配するな」

更新日:

税理士会の支部で活躍した先生にありがちな、無責任なで、特徴的な後継者対策"がある。

家族的な経営で後継者のいない事務所によくみられるパターンが、タイトルの一言。

資格を取れない職員にしてみれば、自分の能力を知っているから、次の所長が誰になるか、最大の関心事。

しかし所長の体調が不安で、何時動けなくなるかやきもきしている時に、所長の一言は頼りない。

確定申告時期に突然逝去されたある先生の事務所では、確かに○○先生が署名などはしてくれた。しかし、緊急事態に対応してくれた先生には、事業承継まで頼まれていた覚えはない。

しかも頼まれた税理士自体もちろん年齢を考えると、自分の後継者対策が先、手伝い以上は不可能。

だからといって、遺された職員たちが後継者を探せるかといえば、これまた甚だ難しい。

家族職員が中心になって困難な事態を解消したいと動いても、頼まれていた先生を無視する事はできない。

そんな事例がこのシーズンによく持ち込まれるが、対応は直ぐできるが、頼まれた先生も吹っ切れない。

というのも、亡くなった先生の期待に応えなければいけないと、仲介者のコンサルを放って置けない。

 

 

何かと口を挟むのだが、仲介者にはこれが障害となり後継者候補にも強く押し込めないことになる。

結果、事務所の職員の不安は増し、顧問先を持って事務所を辞めていく事態にもなる。

こうなると、"遺言"して天国から見守る先生も失敗に気づくだろうが、なんら解決策にならない。

 

まとめ

結論、無責任な後継者対策はすぐに辞め、自らの判断で問題を残さないようにするのが、経営者の務めです。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-承継の決断理由、悩み, 経営・承継のトラブル, 経営統合・M&A

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.