エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

「 税理士の引退 」 一覧

事業承継は家族の問題、ご苦労様と言われない先生も⁉️

サラリーマンなら定年を迎えると、嫌でも会社を辞めなければならず、家族もその覚悟ができている。 退職金が出る職場なら、配偶者に対して、その時期は労いの言葉も用意するだろう(?) しかし、定年のない個人事 ...

社員税理士は何年続けられるのか?

60歳後半個人事務所経営に限界を感じ、法人と経営統合し、支店の社員税理士として再出発してから3年、統合前ははたして何年続けられるのか不安だった。 交渉時に法人の代表者から、出きる限り続けてもらいたいと ...

【税理士の引退】承継交渉は想像以上に簡単に終わります

税理士が引退を決意したものの、事業を譲る相手が見つからない。そんなときに仲介者に声が掛かる。 弊社の仲介のステップは、 依頼者からの電話やメールによる相談 簡単な事業概況の資料の提供依頼 提供された資 ...

税理士の事業承継・M&Aの成否はタイミング次第?

精魂込めて創り上げた事務所を他人に任せる、その決断に至るまでの葛藤は、経験したものでなければ分からないものだろう。 これまでに相談だけで終わった案件を含め、悩みに悩んだ末に面談を決め、さらに事業承継を ...

【承継対策】所長が職員以上に実務をこなす事務所は、、

税理士事務所の規模が拡大するにつれ、所長税理士は顧問先回りは担当者に任せ、決算説明のために担当職員に同行する程度になり、さらにそれさえもしなくなる。 職員が10人を越えるようになると、職員の業務をチェ ...

お客さんに「先生、まだまだ元気だから、辞めたらダメ」と言われ、、

かねてから相談に乗っていた70歳後半になった税理士から、「そろそろ承継先を決めたい」との連絡がきた。 すでに事務所の状況は把握済みで、先生の腹が決まれば、承継先を紹介できる準備はできていた。 事務所を ...

税理士事務所の経営者として何歳まで″君臨″できるのか、60歳を前に考える!

今や人生100年時代になろうとしているが、税理士事務所の経営者人生はどうだろうか。 50歳になって見つめる事務所の行く末 20代で税理士になり、曲がりなりにも法人の代表にもなった。 子供たちは、特別に ...

顧問先は職員任せにし、所長は経営に専念の事務所は引き継ぎやすい!

所長は万が一の事があれば、もちろん現場に出て、陣頭指揮を取るが、日常の業務は職員が″主役″。 しかし、実務は一切行わない所長は数から言えば、圧倒的に少なく、規模的には大きな事務所の経営者。 ただし、基 ...

小規模共済は、個人事務所の税理士には″退職金″

預金利子が最低を続ける今、共済は良い商品。 しかも、掛け金は84万円まで所得控除になる。 事業承継の時に問題になるのが、給付金の額。 身の振り方によって給付金大違い 廃業すれば、いわゆるA判定で、満額 ...

誰のための事務所経営なのか、職員の稼ぎが給与に足りない!【会計事務所の承継トラブル】

事務所経営が長くなると、税理士の所得より職員の給与が高くなることもある。 所長の所得は減る一方 今回の相談では、所長が病気勝ちで、経営を代わりたいという。 面談の結果、一応コンサルとなったが、届けられ ...

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.