エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

事業承継の原因 所長の高齢化

お客さんに「先生、まだまだ元気だから、辞めたらダメ」と言われ、、

更新日:

かねてから相談に乗っていた70歳後半になった税理士から、「そろそろ承継先を決めたい」との連絡がきた。

すでに事務所の状況は把握済みで、先生の腹が決まれば、承継先を紹介できる準備はできていた。

事務所を訪問したが、職員も私の素性を先生から聞き、訪問の趣旨も理解していたので、気楽に応対した。

事務所を訪問

通常、事務所を訪問する時には、自分の所属も言わず、先生との約束で臨場したと名前だけを告げる。

私の氏素性が分かり、新聞などで弊社の業務を知っている職員が、余計な類推を排除するための行動だ。

しかし、今回は、入口のドアの先に女性職員の出迎える笑顔があり、気持ち良く事務所に入れた。

案内された応接室で待ち構えていた先生と挨拶を交わし、直ちに本題に入り、承継の具体策を詳細に説明。

承継の方法として、先生はしばらくは業務を継続し、時が来たら、承継先の法人の事務所に移る案を了承。

相手となる税理士法人の情報もすでに提供し、数日後に両者面談し、契約案を提案することで落ち着いた。

契約の棚上げ

そこで、先生が契約を前に長年付き合ってきた顧問先に合併を知らせると、タイトルの言葉が飛び出した。

確かに、数年間は自分が動いて、お客さんの面倒を見るし、職員もすべての顧客の状況を把握している。

だから、急いで合併する必要がないとの判断になり、契約の棚上げを提案してきた。

まとめ

ただ、近い将来には合併する意思はあるので、しばらくは友好関係を維持することで、両者が合意した。

当支援室では、数年は先生との意思の疎通を絶やさず、″その時″まで見守り続けることになった。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-事業承継の原因, 所長の高齢化

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.