エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

事務所経営 所長の引退、経営陣から撤退

事業承継は家族の問題、ご苦労様と言われない先生も⁉️

投稿日:

サラリーマンなら定年を迎えると、嫌でも会社を辞めなければならず、家族もその覚悟ができている。

退職金が出る職場なら、配偶者に対して、その時期は労いの言葉も用意するだろう(?)

しかし、定年のない個人事務所の税理士には、区切りとなる″儀式″はないので、家族も準備ができない。

下手に、「お父さん、いつ辞めるんですか?」何て言おうものなら、先生は不機嫌となり、会話もなくなる。

それでも、ご自身が辞める機会を探している時にビタリはまると、「職員の生活もあるし、、」と悩みも共有に

それからはトントン拍子に家族の共通認識として、事業承継のタイミングを求めることになる。

家族の反対の原因は…

しかし、家庭内で″暴君として君臨″してきた先生には、家族が引退に激しく反対することがある。

定年で濡れ落ち葉になり、家庭内で邪魔物扱いされるサラリーマン以上に、嫌われる状態になる先生もいる。

というのも、仕事柄多忙時にはフラストレーションから家族に対して、ついつい厳しく当たることも多くなる。

なかには、今でこそDVとして厳しく糾弾される暴力も、ひとつ昔前は、手をあげる先生もおおめに見られた。

そんな先生が仕事を辞めて、一日中家にいるかと思うと我慢できない奥さんは、「辞めたらボケますよ」

それとなく、牽制球を投げるが、それに気づかない先生が事業承継を進め、承継契約をまとめた例があった。

最終的に承継業務が進むことがなかったのは、奥さんが握っていた事務所の経理簿等の提供を拒否したから。

先生の家庭内暴力が原因

仲介者がその理由を追及したところ、奥さんから先生が家にいると、暴力を振るう機会が増えるというのだ。

長年の夫婦生活で家に帰らない時期もあったという″豪傑″の先生は、今でも″暴君″で、家にいてほしくない。

事業承継ができてしまうと、行くところがなくなり、精神的にも落ち込めだろうから、契約は認めたくない。

そんなわけで、承継資料の提出を拒否する姿勢を続け、最終的に契約は破棄され、奥さんの願いは叶った?

このように、先生が税理士を辞めると決意しても、ご苦労様と労いの言葉を掛けられない先生もいます。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-事務所経営, 所長の引退、経営陣から撤退
-, ,

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.