エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

「 事務所の事情 」 一覧

【事務所の価値】引き受け手から見て、評価が高いのはどっち?

税理士事務所経営で収益性を考えると、 売上4000万円、職員は3名、専従者あり。 売上5000万円、職員は6名、専従者なし。 どちらが、所長の所得が多いか? これまでの事例では、1)の方が所得が多く、 ...

事業を赤の他人に引き渡すのは、堪えられない苦痛を伴うものだ!

税理士が事務所を構えて数十年、後継者を育てられず、やむなく事業を他人に渡さざるを得ない。 職員を抱え、その数が多ければ多いほど、所長が辞めたいと思っても、勝手に辞めることもできない。 職員が多いという ...

税理士事務所の承継 ベテラン職員の大いなる野望が″見事″達成された日

嫌なことから書きますが、税理士事務所に勤務する男性職員の中には、試験挑戦を諦めた人がかなりいる。 資格がないために、税法の実務に精通していても、事務所内では、資格者より格下と見なされる。 ただし、税法 ...

担当者不足の中で、経営効率が上がり、税理士顧問料値上げも可能に?!

とにかく、税理士事務所の職員不足は半端でない。経営効率を上げなければ、事務所は破綻する。 所長が実務から離れていればいるほど、職員の事務処理能力に頼らざるを得なくなる。 顧客からの信頼が厚い所員 顧客 ...

代表社員が突然解雇され、法人を盗られてしまう、そんなことが、、、

税理士法人は2名以上の社員税理士で組織されるが、議決権は出資金額によらず、全員が同格になる。 したがって、主宰する個人事務所から法人なりするとき、創業者が代表になっても、議決権は一人一票。 経営に関す ...

税理士事務所の経営者として何歳まで″君臨″できるのか、60歳を前に考える!

今や人生100年時代になろうとしているが、税理士事務所の経営者人生はどうだろうか。 50歳になって見つめる事務所の行く末 20代で税理士になり、曲がりなりにも法人の代表にもなった。 子供たちは、特別に ...

税理士事務所の顧問先の情報は、どこまで要求できるのか

税理士はお客さんの情報を漏らしてはならないと、守秘義務が課されている。 実際に、交流の広いお客さんの名前を明らかにすることで、その名を聞いた人が新規に顧問契約を結ぶ可能性もある。 それが営業に有効なこ ...

「職員を補充するのはもう限界!」、古老の税理士がギブアップ宣言!

税理士業界は、世間と同様、いやそれ以上の人材不足に悩まされ、経営が困難になる所も続出している。 税理士試験に挑戦する若者減少 ちなみに、税理士試験に挑戦する若者も年々減少し、予備校も他の講座を開設しな ...

会計ソフトは代えられない、会計事務所の職員も猛反対、それでも良いですか?

事業承継の課題の一つが、使い慣れた会計ソフトは代えられてしまうのではないかとの不安だ。 中にはお客さんにもソフト関連の機器を使わせ、業務の効率化を図っている先生も少なくない。 クラウドを敬遠する税理士 ...

【税理士事務所の事業承継】職員募集が困難になり、年齢的に早いとは思ったが……

税理士が従業員を雇わずに処理する顧客からの報酬だけでは、余裕のある生活は不可能だろう。 税務署を定年になり、年金をもらう税理士であれば、自宅兼事務所で職員を雇わずに開業可能。 しかし、一般的には顧問先 ...

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.