エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

事業承継の原因

60代半ばの税理士法人の代表、歳と共に廃業する顧客増に、ため息!

更新日:

クリスマスイブの昨日、ひょんな所で税理士法人の代表と出会い、挨拶がてら景況を訊くと、ため息が、、

そう、どこでもある話で、毎年長年付き合ってきたお客さんが、後継者がなく、廃業していくという。

自分の歳を数えながら、やるせなさを感じる今日この頃だが、営業に自らが動かなくなっているのも事実。

所長が営業を止めたら

所長が営業を止めたら、じり貧になるのはこの業界の常識だが、営業に精を出せないのもこの業界の特質。

個人事務所では、職員が華々しい営業成績を残したという話は、ほとんどあり得ないことは誰もが認める。

法人も規模が大きくなると、社会的な評価も上がり、スポット契約の相見積もりをできるようになる。

それが足掛かりになり、上場企業の関連会社との顧問契約も見え、新たな市場も開けてくるという。

し烈な営業が展開

もちろん、ここからし烈な営業が展開されるようになり、組織としての営業体制ができ上がることになる。

ここまで組織的な動きができる税理士法人にもっていくには、まずは成長戦略が必要になる。

普通は、代表者の年齢と共に組織の活性が失われ、次の世代が成長できず、衰退気を迎えることになる。

まとめ

こうなると、冒頭のように、代表が自分と同年代の社長の″戦場″からの退場と共に、自らも離脱を思い立つ。

新陳代謝と言えば、それまでだが、なんとか組織力を上げて、市場を活気づけてもらいたいものだ。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-事業承継の原因

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.