エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

会計事務所の評価・査定 従業員

税理士事務所、高評価承継の条件とは?

投稿日:

税理士・税理士法人を引き受けたいと考えたとき、赤字の事務所でよいと言う人はほとんどいない。

まず、最初に考えるのが、承継の対価を払っても採算が取れるかどうか。

リスクの大きい事務所は…

採算を取るためには、人件費が経費の50%以上を占めているかどうかをチェックする。

引き渡す税理士が承継後も仕事を続け、給与を支払う場合は、経費倒れになる可能性もある。

このケースでは、渡す側も事務所が存続できないことが理解できるので、税理士も自ら給与は辞退する。

経費倒れにはならないが、利益がでない場合、引き受け手も二通りに分かれる。

トントンでも、顧問先を増やせばいいし、引き受ける職員の力も発揮してもらうとのプラス思考派は少ない。

また、話を聞くだけで身を引く税理士も少なくないが、これが普通だろうし、無理強いはできない。

職員教育の重要性

それでも、人材不足に悩まされている事務所では、優秀な人が取れるならと、収益は度外視する税理士もいる。

教育は徹底して行ってきたと自信と実績のある事務所であれば、引き受け手も高評価をする。

ただし、規模の小さい事務所だと、教育はほとんど行われていないケースが多いので、手が上がりにくい。

つまり、高収益で、職員の教育が徹底し、所長が引き継ぎをしっかり行う事務所が最高評価になる。

こんな事務所で、顧問先の状況が安定していれば、誰もが引き受けたいと考える。

さらに職員が″従順″で引き継ぎ後も辞めないと確認できれば、直ちに引き受け手が見つかること必定だ。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-会計事務所の評価・査定, 従業員
-, ,

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.