エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

事務所経営 従業員 経営・承継のトラブル 経営統合・M&A

やっぱり、人がいないんだ!

更新日:

先週、職員50人を超える税理士法人のオーナーから、悲痛な電話が来た。

創業15年にして10数名の個人事務所から、税理士法人制度誕生と同時に法人なり。

相続税大増税で相続コンサルにも進出し、事業は飛躍的に発展、職員も50人を超えた。

順調に事業が伸び、組織も拡大したが、ここに来て、税理士の独立等で人材が流出。

資格のない職員も、業界特有の"3年転職"で、折角仕事に慣れたところで、グッドバイ。

その補充をしようと、人材紹介業者を頼るが業務に堪えられる人材はさっぱり来ない。

それでも、何時かは来るだろうと首を長くして待っているが、紹介も少なくなればかり。

業界にも慣れた若者を手に入れる効果的な方法を考えた結果、M&Aに的を当てることに。

成長段階で、事業承継により職員も引き受けた経験があったので、これしかない結論。

 

期待される人材にはなかなか会えない

だが、事業を引き渡す事務所に、期待される人材がいるかと言えば、答えはノーだろう。

多くの場合、辞めようと決めた税理士の事務所には、覇気のある職員はまずいない。

若い人材か欲しいのであれば、若い社員税理士が経営する事務所との統合だろう。

曰く、「いい人材は来ないから、事務所を買うしかないだろう」。

しかし、元気のいい事務所が、売りに出ることはないし、若い人も期待はできない。

 

まとめ

事務所の譲渡をしないのであれば、人がやることをAIなどに肩代わりさせ、人手が掛かる業務を減らすしかないだろう。

今や、これこそ税理士事務所にとっては、喫緊の課題だろうし、勝ち組への早道だろう。

 

 

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-事務所経営, 従業員, 経営・承継のトラブル, 経営統合・M&A

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.