エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

「 税理士の承継問題 」 一覧

素人もどきの仲介業者が現れるようになった税理士の事業承継

弊支援室に相談された税理士から、ある業者の話を訊いたところ、対価は年商の30%だと言われたと言う。 信じがたい数字だったので、税理士の仲介実績を聞くと、メインはなく何でも屋で、税界は実績なし。 当てず ...

先輩のOB税理士の事務所に勤務、その人が事業承継の障害に!

定年を迎えた国税職員には数年前から、一般企業で嘱託にあたる、再任用というシステムの対象とされた。 退官後、顧問先斡旋が禁じられ、税理士開業が厳しくなったことも、この制度の起因でもあるようだ。 昔は元税 ...

やっぱり、家族従業員の存在が高齢の税理士の引退を引き伸ばす!

税理士家業は死ぬまで出来る、だから歳を取ってもやめる必要はない。と言っても、″実務年齢″は別。 高齢を理由に、職員を解雇し事務所を閉鎖する税理士は多いが、全員が資格を返上するわけではない。 事務所を自 ...

会計事務所の経営から退いた旧所長が、、、

事業承継によって、経営者の立場から一歩退くことになる。 とはいうものの、事務所に残って顧問先とのパイプ役を果たす例は多い。 対外的には、会長とか顧問あるいは相談役などの肩書になるのだが、事務所内では前 ...

地方の町や村で開業している税理士の事業承継は、はたして?!

確定申告時期だけ忙しくなる、高原に位置する税理士事務所がある。 顧客は高原野菜を栽培する農家 お客さんは、ほとんどが高原野菜を栽培する農家。 出荷先はすべて農協だから、売上は単純。仕入先もこれまた農協 ...

退職した職員が会計法人を作り、高齢の税理士に名義借り?!

ある地方都市で、約30年事務所を経営していた60代後半の税理士さん、脳梗塞を患い、事業承継を決意。 その決意を事務所で番頭役を務める40代の職員に告げると、他の職員とともに辞めるつもりだと言う。 所長 ...

相続案件との″格闘″に疲れた税理士、限界を感じ、事業承継を決意!

一般的に相続税の大増税が行われるまでは、税理士が一年間で扱う相続案件は全国平均0.9件と言われた。 相続専門の事務所もあり、間違うとと大変と、専門の事務所に流し、相続案件は扱わない先生も多かった。 し ...

お客さんにとっては、先生より担当の職員が頼り!

高齢の税理士にとって、優秀なベテラン職員は、事務所経営に最も頼りになる存在。 そんな人材が定年を迎えると、先生も事務所を閉めることを考えながらも、職員に辞めないよう口説く。 引き継ぎできずに引退決意 ...

事業承継の交渉中に、引き渡し側の税理士が死亡、その後の交渉は?

税理士が死亡すると顧問契約が自動的に消滅することは、業界では誰もが知る常識になっています。 そして、その時点で従業員が、知り合いの税理士に、担当する顧問先を紹介し、顧問契約を勧めても問題ないとされてい ...

あるんですよね、言った言わないのクレームが!

契約書を締結後、依頼者の不平不満を聞くのも、仲介者の仕事。 不満のうちで多いのが、引き受け手が契約と違う対応をしたというもの。 これは、経営が引き受け手に移っていることに思いが行かないケース。 自分が ...

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.