エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

厳選ブログ 経営・承継のトラブル 退職金問題、顧客の持ち逃げ

事業承継の交渉中に、引き渡し側の税理士が死亡、その後の交渉は?

更新日:

税理士が死亡すると顧問契約が自動的に消滅することは、業界では誰もが知る常識になっています。
そして、その時点で従業員が、知り合いの税理士に、担当する顧問先を紹介し、顧問契約を勧めても問題ないとされています。
しかし、事業承継の交渉中に、引き渡し側の税理士が死亡した場合に、従業員が持ち逃げしたら、どうか?

顧客減少を前提に遺族と話し合い

当然、譲り受ける事務所は、遺族との交渉を継続し、承継契約を基に顧問先との契約を進める。
その間に職員が、担当していた顧問先を、移籍先の事務所に紹介。新たに顧問契約を締結する。
このケースは認められるのかと言えば、道義的には認められないが、何ら法律は犯していないことになる。

承継交渉をしていた税理士は、顧問先が減少することを前提に、遺族との話し合いをする必要が出てくる。
遺族も顧問先に対して、承継者との契約を行うよう、誠心誠意対応策することが肝要だろう。

まとめ

これまでにも、交渉中に先生が死亡されたケースがあるが、職員が退職し、持ち逃げしたことはない。
ほとんどが、新しい税理士の下で同じ担当先の業務を行い、廃業などを除き、顧問先は減っていない。
税理士として、自分が死んだら、職員が持ち逃げするような環境ができないように、経営するしかない。
ただ、自分が死んだ後の事務所のことを、真剣に考える税理士は、はたしてどれ程いるのだろうか?

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-厳選ブログ, 経営・承継のトラブル, 退職金問題、顧客の持ち逃げ
-,

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.