エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

事務所経営 勤務税理士の処遇 従業員

所長はスーパープレーヤーだけに、、

更新日:

税理士事務所には、二つの性格があるようだ。そのひとつが、職員任せの事務所。

職員任せと言っても、これまた大まかに二つに分けられる。

多くが、所長の指導・命令の元に職員が業務を展開する普通の事務所。

その一方で、所長が高齢で事務所にもほとんど顔を見せず、職員任せの事務所もある。

なかには、高齢ではないが、"対外的な業務"に熱心で、通常業務を見ていない先生もいる。

それに対して、顧客を見るのが自分の仕事であり、職員に内部業務しかさせない所長も。

事業承継でどちらのタイプの事務所が引き継ぎやすいかと言えば、圧倒的に前者となる。

先生と顧客の結び付きが強く、常に先生が対応しなければ、顧客は納得しない。

通常、引き継ぎ手は顧問先との窓口は担当職員が行うタイプで、所長は経営者。

だから、税理士でない職員が顧問先に行くと、所長慣れした顧客はくそっぽを向く。

しかし、スーパープレーヤーの所長は、職員任せにしないから、顧客も満足する。それだけに、引き継ぐのは、スーパープレーヤー・所長の事務所は最も難しいのだ。

 

まとめ

もっとも、決してスーパープレーヤーを否定しているわけではないことを付け加えます。

 

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-事務所経営, 勤務税理士の処遇, 従業員

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.