エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

厳選ブログ 法人の支店化、社員税理士 経営統合・M&A

【事業承継とM&A】会計事務所に意識の変化!

更新日:

税理士の事業承継の支援を目的とした当社の事業も、数えて11年目。

これまでに、150件余りの案件をお世話してきた。

企業の合併とは趣異なる

事業承継と言えば、事業を継いでくれる税理士を探すこと。

やはり自分の事業を譲るのだから、それなりの対価は欲しい。

これこそ人情というもの。

言葉では事業承継だが、実態はM&A。

ただし、M&Aといっても、経営者自らが譲り手とともに働く。

企業のM&Aとは、趣が異なることもある。そこが事務所承継。

M&Aという言葉が定着

税理士さんも数年前までは、M&Aという言葉は使わなかった。

つまり、事務所を買うというより、顧問先を引き継ぐという姿勢。

だから、事業承継と言っていたが、ここに来てM&Aという言葉がほぼ定着。

インターネットでも、「会計事務所のM&A」での検索の方が速い。

事業承継では、検索する人も少なくなってきている。

M&Aという表現で、事業承継を語る会計人も多くなっている。

同時に、譲る先生もM&Aで、対価を得ることに抵抗がなくなってきている。

まとめ

格好つけることなく、お金に替えること、退職金代わりのお金。

長いキャリアで培った信頼を、これぞと思う相手に譲る。

そう、M&Aで良いではないか、高齢の先生も口にするようになっています。

 

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-厳選ブログ, 法人の支店化、社員税理士, 経営統合・M&A
-,

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.