エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

厳選ブログ 所長の引退、経営陣から撤退

税理士と顧問先との”深ーい関係”、誰も代われない?!

更新日:

開業間もない税理士の顧客と言えば、まずは血縁関係者が一番手。

血縁関係者に事業経営者がいなければ、せめても確定申告の依頼。

その次に来るのは地縁ということになるが、気軽に話せるのが学校の同級生。

双方が親友と思っていれば、話は早い。

しかし、親友であっても懐の中身までは知られたくないというのも、実際本音。

お金の話をしないから、親友でいられたということもある。

だから、友達であっても比較的遠い関係の友人の方が、営業しやすいとも言う。

親の顧問税理士と馬が合わず…

最近の事業承継事例を紹介する。

親の事業を引き継いだ経営者が、税理士もそのままにしていた。

だが親父さんと同じような年齢の税理士で、どうも馬が合わない。

それで同級生の税理士に連絡。

お前が税理士になったと聞いていたので、連絡しようと思っていた。

たまたま高校の同期会があり、そこで20数年ぶりに会い、意気投合。

早速、顧問契約を結び、会計を見るようになった。

同級生の税理士と経営者が二人三脚

前任者は税務オンリー。

会計から経営を見る目がなく、もちろん経営のアドバイスなど一切なし。

そこで、さまざまな角度から同社の経営情報を分析し、社長にアドバイス。

それまで自分一人で経営を考え、悩んでいた社長に思わぬ援軍が現れた。

同級生ということもあって、言葉も高校生の時と同じように本音をぶつけ合った。

20数年ぶりに会った同級生だが、はっきりものを言う先生には、社長も何でも相談。

最近では、家族同士の付き合いはもちろん、先生は後継者対策に平気で意見する。

所長の代役は誰にもできない

こんな”深ーい関係”にある税理士が、事業承継を考える時期に。

その友人が社長を務める顧問先企業が、一番の優良顧客で顧問料も高い。

はたして、先生の代役を完全な形で務めることは、たぶん誰にもできないだろう。

しかし、先生は引継ぎはしっかりやるから、引き受けて欲しいと強く言うのだ。

まとめ

そこで後継の税理士は、先生には残ってもらい、その顧客だけを顧問として担当。

窓口はあくまでも先生にやってもらい、実務は優秀な人材を充てた。

顧問先の社長は、同級生が残り、いつでも相談できるので、顧問契約は継続。

将来的には双方が引退しない限り、この顧問契約は継続していくことになった。

後継の事務所としては、先生が引退した後のことに今からやきもきしているのも事実。

どうでしょう、こんな顧問先は誰でも抱えているのでしょうかね?

 

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-厳選ブログ, 所長の引退、経営陣から撤退
-, ,

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.