エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

事務所経営 後継者探し、人手不足 承継の決断理由、悩み

血を継ぎ続けたいがどうなるのか?

更新日:

職業として税理士を目指す若者は、ここ数年驚くほどに大きく減少している。

事務所を経営する税理士にとって、受験をする職員を安い給与で雇える"習慣"も今は昔。

税理士の子弟と生まれて、当たり前のように試験に挑戦していた若者もその数は減った。

10年近く前に大学院修士の税理士への道も厳しくなり、一部科目合格が義務付けられた。

このため、税理士子弟で税法一科目がクリアできず、後継者になれない人も少なくない。

何としても息子に継がせたいと考える税理士で、諦めきれずにいる人は次の一手は?

中には、独身の息子であれば、資格を持った嫁さんを、娘さんには婿を探す。

すでに妻帯者の息子の場合は、孫の成長を待ち、何としても継がせようと、時を待つ。

その思いが絶たれたとき、初めて事業承継を考えるが、相手は自分の思いが分かる人。

ただ、孫の成長を待つ税理士はそれ相当の歳で、事務所は明らかに衰退期になっている。

こうなると、職員も高齢となり、好条件で事務所を渡すことはできず、踏んだり蹴ったり

 

まとめ

まあ、ご自身で選んだ道だから文句は言えないが、血を繋ぐことを諦めるのは早い方が?

数十年後にはAIに仕事を取られると言われる税理士だが、果たして若者はどう考えるのか。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-事務所経営, 後継者探し、人手不足, 承継の決断理由、悩み

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.