エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

厳選ブログ 所長の引退、経営陣から撤退 経営統合・M&A

後任の所長に実務は任せ、税務署や税理士会対応で、気分は楽に!

更新日:

税理士が事業を承継すると、事務所を辞めなければならないのだろうか。

もちろん、事務所経営を辞めたいから事業を承継するわけだ。

しかし、事務所経営から引退しても、税理士資格は返上しない人も多い。

この場合、新たに自宅に事務所を置くが、税理士業務は一切行わない。

所属税理士として勤務続行

新たな事務所が所属税理士会が同じ場合には、これは厄介。

同じ地域で事務所を開くのであれば、顧問先には辞めたとは言えない。

自分達を他の税理士に売ったのではないかと、疑念も持たれかねない。

それを避けるためには、元の事務所で税理士を続ける。

税理士の身分としては所属税理士になるが、対外的には顧問などに就任する。

税理士同業者は、実務は任せ、所長から気軽な顧問に転身と見るだけ。

顧問先も創業所長がそのままいるし、職員も変わらなければ、安心だ。

顧客対応は必要、でも重荷からは解放

また、法人に引き継いだ場合は、所長業務は法人から来る税理士に移行。

所長は法人の支店の社員税理士に就任し、従来通りの顧客対応をする。

もちろん、実務は任せ、顧客の相談等に専心し、リスクからは離れる。

時には税務調査に対応することもあるだろう。ほとんどの場合、新任の所長にが対応するが、承継当初のみ自身で対応。

時間がたてば、これからも解放される、いや自身で離れるようになる。

この社員税理士も所長交代後そう長く続けるわけではない、長くて5年。

こうなると、先生自らがもういいでしょうと全面撤退を主張される。

社員税理士を支店として確保しなければならないので、法人も準備をする。

次の社員税理士が決まれば、前任者との交代もすんなり行く。

この段階では、承継した顧問先も法人との信頼関係も出来上がっている。

創業所長が社員税理士となり、さらに数年後に引退する、顧問先も納得だ。

弊社が仲介してきた承継案件では、この形が圧倒的に多い。

まとめ

先日も2年前に法人の支店となり、社員税理士に就任している先生に会った。

上京するので、報告をかねて一度会いたいというのだ。はてな?

問題が起こっているのではないかと不安になったが、杞憂に終わった次第。

土曜日の午後、ターミナル駅でお会いし、食事を共にした。

いわく、年賀状をもらいながら返事を書かなかったので、会いたかった。

さらに、承継して本当に良かった、感謝を直接伝えたかったのだと言う。

これには恐縮至極で、新年早々仕事のやりがいを教えていただいた。

食事をしながらの一杯も大変美味しくいただけたし、所長の笑顔がなにより。

こんな話が次々と書けるように、これからも頑張りたいと思っています。

 

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-厳選ブログ, 所長の引退、経営陣から撤退, 経営統合・M&A
-,

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.