エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

「最もリアルなアメリカ入門」を読んで、視察を考える!!

投稿日:

元キャリア外交官・原田武夫氏の書いた「最もリアルなアメリカ入門」を読む。

一番好きな外国問われると、米国と答える人が日本人では一番多いという。

私が1995年から十数年に渡って、税理士の先生方とともに会計事務所視察ツアーを行ったのが米国。

そして、会計事務所のM&Aを身近に感じたのも、米国はカリフォルニアだった。

それだけに、久しぶりに米国の事が知りたくなり、同書を手に取った。

米国の本質は、金融資本による世界制覇であり、常に外に膨張するしか生きる道がないという。

ペリーが開国を迫った時も、そして日露戦争で日本に味方した時も、さらに第二次世界大戦でも、

すべて米国の金融資本がその利潤追求のため、生きる道を求めるための歴史的な動きであった。

本文を読むにつけ、納得できることが実に多いアメリカ入門であり、M&Aもまさに利潤追求の一環。

そこで、日本の会計事務所の事業承継を見てみると、利潤追求よりも仕事追求の感が強い。

利潤だけを追求するなら、税理士一人で職員2、3人の規模が最も効率のいい儲け方。収入は少ないが!

これでは、規模の拡大はできず、大きな仕事をしたいという人には我慢ができない。

ところが、米国の会計事務所では、たった一人で2000件を超える確定申告書の作成をしている人もいる。

これで仕事も、収入も十分というわけで、規模を拡大しようとは考えない。

同じカリフォルニア州内に引っ越すときには、簡単に事務所を譲渡してしまう。新しい土地で一から出直し。

そんな”幸福な”人がいる一方で、国家が破たんするかもしれない危険を冒して、戦争を演出する輩も。

「最もリアルなアメリカ入門」を読んだ後に、なぜか米国の会計事務所の事が気になってきた。

米国税理士のカリフォルニア協会の支援者に一人として、税理士の先生方をカリフォルニアにお連れしようか。

そんな思いも出てきているのも事実。米国の会計事務所のM&A を視察しましょうか、今年は?

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継に関するお悩みは、どうかお気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル 0120800058
e-mail fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.