エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

ニセ税理士を理解していない経営者!!

投稿日:

先日、建設会社の社長と経理について話をしました。

社長曰く、うちの経理は親戚の元上場会社経理課長に依頼しているという。

その内容はというと、日常の帳面から決算、税務申告書の作成まで、税理士業務も含んでいる。

「素人だから、税務署からよくおしかりを受けるんだが、親戚だから、小言も言えない」

社長に「税務申告書を作成しているわけだから、資格がないとできないんだよ」と言えば、

「そうなんですか?70歳になるから、今から資格は無理でしょう」

あまりに間違いが多いので、変えようとは思うが「何せ、親戚で、言いにくいんですよ」

こんな会社の社長さんが多いんではないでしょうか。

まさにニセ税理士ですが、依頼者はその行為が法律に違反しているとは考えていません。

便利で安いから依頼し続けているが、大きな間違いがないままに20年近く経理・税務事務所依頼し続けている。

それでも歳を取ってきたためか、最近は誤りも多くなり、替え時だが、親戚という”かべ”が高く、決断までは?

こんな事例がそこら中にあるんでしょうね。

計算センターなどを標榜している中には、この種の人も多くいるようで、回りは“先生”と呼んで、厚遇を。

まさにニセ税理士と言う言葉を知っているのは業界の人だけ。

一般にはほとんどその実態を知るよしもなく、その中でも剛の者は弊社に税理士の紹介を依頼してくる。

当然弊社では相手にしないが、もしも税務上の大きな間違いがあっても、誰も“保証”してくれない。

こんなにニセ税理士の闊歩ぶりをどう理解したらいいのだろうか?

父親が税理士で、その父親の事務所に勤めていた子供や奥さんが、そのまま業務を行う例もある。

これもニセ税理士の第一歩。中には名義借りをしてその場をやり過ごす例もあるのだが、、

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.