エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

承継する所長の思いは、複雑。数十年の歴史を閉じるせつなさ!

投稿日:

事業を辞める時は、必ずやって来る。

税理士の多くがお客さんの廃業などを経験し、自分のその時を考える。

しかし、まだまだ先と、具体的なスケジュールは考えもしない。

定年がないだけに、自分で決めるしかないのだが、決めたくもない。

でも、想像もしなかった病が突然やって来る。

これも治ると考えるから、辞めることはまさの想像の世界。

ところが、入院先の医師から退院の許可は、なかなか出ない。

所長がいない事務所は、誰が゛司令塔゛になって動いているのか?

スマホで゛司令塔゛に指示している所長には、確かめようがない。

「所長、ご指示通りにやってます」と、返事は来るが、心配は募る。

自分が復帰できないと分かった時、職員はどう考えるのか、不安が、、

職員がお客を持って辞めていけば、事務所は成り立たなくなる。

内部事務を担当する職員は、路頭に迷うことにもなる。

外回りの職員だけでなく、内部事務で事務所を支えている職員がいる。

これらの人は、顧問先を持って他の事務所に移ることはできない。

それでも、自分だけのことを考える職員は、所長にとって厄介者。

運命共同体的になっている事務所にとって、事務所閉鎖は大問題。

所長にとっては、自らの数十年の歴史を否定されることにもなる。

本当に切ない決断だが、その時は必ずやって来る。

その時になって、右往左往しないよう、腹を決めておく。

難しい判断ですが、自らの歴史を閉じるとき、さてどうします?

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.