エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

あと一科目、これが難しいのは、ここ10年変わりましたよね!?

投稿日:

税理士試験で、税法2科目はクリア、あと一科目はなかなか受からない。

試験に挑戦している本人はもちろん、家族も必死だ。

しかし、残した一科目のをクリアする前に、結婚、子供も出来た。

資格試験以上に、仕事に精を出し、考え方も゛試験頭゛から脱皮。

こうなると、税理士試験をクリアするのは、なかなか難しい。

そこで、大学院の修士課程で法科を学び、税法の免除を受ける。

修士論文が国税当局の審査を合格すれば、無事資格を手にいれる。

ところが、最近の「あと一科目!」の意味が変わってきた。

というのも、大学院で、会計と税務をクリアすれば、税理士試験は免除。

しかし、今は、会計と税務、それぞれ一科目は試験合格が条件。

そう、税法一科目は受からない、大学院修了者が実に多いのだ。

大学院の税法の教授が、税法一科目の合格を条件に大学院入学を認めた。

その結果、大学院修了の税理士が、飛び立っていったという。

教授にしてみれば、講座から税理士に受からないのは、我慢がならない。

もともと、税法試験をクリアできない大学院生は、来るなということ。

そういう意味で、昔のダブル大学院修了者は、否定されて当然か?

とは言うものの、試験に合格できなくても、顧問先には十分対応できる。

資格ビジネスというのは、こんなものでしょうね。

でも、大学院は出たけれど、こんな風潮は、払拭したいですよね。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.