エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

マイナンバーがいよいよ本番を迎え、管理も大変です!

投稿日:

年末調整で、まず試し!

もちろん、昨年中に顧問先にマイナンバーの重要性を説いてきた。

顧問先のマイナンバー収集から管理など、゛指導する゛ことは山ほど。

マイナンバー専用のUSBメモリーを配布し、紙を使わないよう指導。

UBSメモリーを預かり、マイナンバーが漏れないようにする事務所も。

企業の社員もマイナンバーを預けることで、゛責任回避゛。

しかし、確定申告でマイナンバーが必要となれば、作成も依頼しやすい。

同時に相続でも、マイナンバーを知らせたくないので、同じ事務所に。

会計事務所にとっては、将来的な゛商売゛の重要な鍵ともなる。

その辺を理解せず、事務所では預かりませんというのでは、先行きは暗い。

小規模事務所では、人的にも管理ができず、゛預かり知らん゛となるか?

そうなると、成長段階にある企業は、ますますはなれていく。

いわば、美味しい顧問先をいつまでも維持できないという事態を招来する。

いつまでたっても、記帳代行主流の儲けの少ない事務所のまま。

こうなると、若い元気の良い職員には、当然見向きもされない。

そのうち、顧問先がクラウド会計を導入し、記帳代行もなくなる。

税務申告書の作成だけであれば、顧問料は取れず、申告書作成料のみ。

マイナンバーはそんな力はないと言われる先生には、余計な話。

でも、マイナンバーですべての金融資産が、把握される時代がすぐそこに。

儲けの少ない記帳代行だけで良いのであれば、それこそ知らんぷり。

でも、これからの事業承継では、やはり収益性が重視される。

記帳代行主力では、評価もそれほど高くならない。

将来的に評価の高い事業承継を考えるなら、マイナンバーは必要不可欠。

今年の確定申告でも、おおいにマイナンバーの重要性を力説するべきか?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.