エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

やっぱり、若い税理士を雇い、人となりと能力を見た上で後継を判断!

投稿日:

40年近くも税理士は自分一人で、事務所を運営してきた先生の特徴は?

この間、職員の中から税理士試験に合格し、独立した人はいない。

というより、税理士試験に挑戦する人は採用しなかった先生がいる。

なぜかと聞くと、「自分の都合で、休んだりするから。」???

試験日の10日前頃から試験休みを与える先生も多いが、この先生はなし。

勝手に休まれては、試験を受けない職員が迷惑するというのが、その理由。

さらに、試験に合格して、居続けられたらコストも増える。

先生と言われる人は、事務所には自分一人で良い、とも言うのだ。

本当に良く言われることだが、普通は合格すると、独立を勧める。

もちろん、かつては独立の際には、貢献度により暖簾分けも行われていた。

税理士一人で事務所を運営しているケースでは、売上の上限は1億円程度。

このような事務所では、試験には受からないが、税法に精通した職員がいる。

資格者と同等の能力があり、コミニュケーション能力も十分備えている。

そんな職員が辞めた途端、お客さんが減っていくというのも普通。

かつてはこのような職員がいたが、給与負担が増えることで、辞めさせた。

そんなバカなことがあるのかと言われるかもしれないが、実際にある話。

自分以上に能力のある職員は、事務所にいては困るのだ。

先生自信が営業に精力を集中しているときは、このようなことは起こらない。

しかし、先生が内向きになったときには、思いもよらないことが起こる。

自分以上に職員間で゛人気゛のある職員の存在が疎ましくなる。

結果、その職員には辛く当たるようになり、職員もそれを感じ、退職に。

事務所のため、先生のために一生懸命働いた、その評価はこれかというわけ。

残った職員も゛明日は我が身゛とばかりに、仕事に身が入らなくなる。

チャンスがあれば転職したいと考え、同僚ともひそひそ話。

先生はそんなことには気が付かず、収益の悪化を気にする日々を送る。

売上がバブル期の半分になってしまったという事務所には、こんな傾向も。

もちろん、すべての事務所がそうだとは言えないが、ありうる話。

こういった事務所の先生が後継者を求めるときに、ある特徴がある。

事業承継を依頼するのではなく、後継者候補を探す動きをする。

過去に一度も税理士を迎い入れたことがない先生が、後継を育てられるのか。

それも経験が少ない税理士に我慢ができるのか、無理だろう。

「なぜこんなことが分からないのか」と、後継候補者を虐め抜いた先生がいた。

就職後一週間、毎日゛口撃゛、後継者として入所した税理士は即退職。

自分が虐めたことを認識することができず、紹介者も激怒。

なぜそんなに怒るのか、紹介者の気持ちも理解しようとしないし、出来ない。

結局、後継者を育成できず、資格者は゛評判゛を聞き付け、話にも乗らない。

実際こんな例はほとんどないだろうが、一人税理士事務所には有り得る話。

税理士を紹介してもいつかない事務所が多いのも、事実。

後継者を育てようという意識が必要だが、自らの指導力を知るのも必要。

俺の事務所だから、俺流を継いでもらわなければダメ。

そう考えている間は、優秀な後継者は現れないだろう。

今回は極端な話ですが、参考のため、独断と偏見で書いてしまった。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.