エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

職員に十分な退職金を支払うため、税理士が税理士法人を立ち上げる!

投稿日:

70歳過ぎの肺がんが見つかった税理士から、突然の連絡が来た。

電話では、税理士法人を立ち上げたいので、相談にのって欲しいと言う。

この先生とは20年近くのお付き合いがあるので、翌日に事務所に伺った。

土曜日の午後だったが、休日出勤の顔見知りの職員に挨拶し、所長室に。

所長はの口から、「肺がんで近々手術のため入院する」とビックリ発言。

肺がんと税理士法人の立ち上げの関係が、結び付かない。

病気に打ち勝ってから、法人にしても良いのではないかと訊いた。

その答えは、自分が元気なうちに従業員に退職金を払いたい。

税理士事務所を廃業する訳ではないので、退職金を払うための法人化。

事務所も会計法人保有なので、個人で買い上げ、その資金も活用。

子供たちも全く会計とは異なる分野で働き、事務所は継げない。

しかし、自分が死んだときに子供たちに相続で面倒をかけたくないと言う。

そのために事務所も税理士法人に出資する形で、維持することに。

法人化することで、事業の継続が維持され、お客さんにも迷惑をかけない。

従業員も法人化の際に十分な退職金を手にすれば、安心して働ける。

家族も今回の自分の思いを十分理解し、応援してくれていると言う。

セカンドオピニオンを聞くなかで、経験を積んだ名医に執刀を依頼。

手術ができる程度の肺がんなので、手術後に法人を設立。

完治は無理だろうから、法人運営を社員税理士に任せられるようにする。

職員上がりの社員税理士なので、同僚逹にも信頼が厚い。

そうすることで、自分の精神的な不安も少なくなり、療養できる。

ここまで考えた上の税理士法人の立ち上げ、是非とも成功して欲しい。

そして、肺がんにも打ち克って、元気に代表を続けてもらいたい。

相談にのった者として、手術の成功を祈り、元気な仕事ぶりをみたい。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.