エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

経営統合をしたけれど、小姑が追い出しを図る!

投稿日:

実際にこんな話があるんですね、所長の子供たちの葛藤の結果です。

ある地方の税理士事務所、所長の息子さんと従業員4人の普通の事務所。

所長は税理士会の幹部として、地域の運動に重要な役割を担っていた。

その息子さん、事務所を不在勝ちな所長に代わり、事務所を運営。

頼りになる息子さんがいるので、所長は会運営に全力を発揮。

ところが、その息子さんに、誰もが思いもかけないことが起こったのです。

そう、突然の病、息子さんに代わる人は、、、

その時現れたのが、事務所に勤めていたこともある息子さんの嫁さん。

病の床にあったご主人の指示を仰ぎながら、懸命に働いた。

所長は税理士会の業務に相変わらず注力できたのは、息子さん夫婦のお蔭。

しかし、息子さんが死亡し、その後所長も脳梗塞を患い、入院生活も経験。

それでも、事務所経営は続いていたが、それは息子の嫁がいたからこそ。

資格取得を目指していた孫も、40歳を前に断念し、事務所員に。

所長の判断に疑問を持っていた息子さんの嫁は、弊社に相談。

事情説明を聞いた相談員の結論は、法人との経営統合。

弊社との交渉を逐一所長に報告していたのが、お孫さん。

経営統合のお相手も、同所長の事務所であれば、引き受けること問題なし。

結果的には1ヶ月の交渉ですべての懸案を解消し、法人の支店が誕生。

そうこうするうちに、所長の健康に重大な病の予兆が表れていた。

脳梗塞のために寝た切りの状態で、事務所に出勤出来なくなっていた。

そこに現れたのが、息子さんの妹、息子の嫁の小姑だ。

彼女が言うことには、事務所は自分がもらうことになっている。

父親が仕事をできず、税理士法人が引き継ぐなら事務所は使わせない。

小姑とのいざこざを避けたい嫁さんは、なんと事務所を閉鎖。

引き継いだ法人の事務所に職員共々移って行ってしまった。

お嫁さんいわく、義理の妹と関わりを持ち続けたくなかった。

嫁さんもご主人の父親には誠意を尽くしても、妹には構っていられない。

というより、自分へも敬意を示すべきではないかと、暗黙の表現かも。

実際に嫁姑が代表だが、「家」というなかで、経営主導権は決まるんですね。

今回は事務所を使えるかどうかということでしたが、それ以外にも、、、

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.