エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

やはり、職員の試験合格が心配です、受かると良いが、、、

投稿日:

気心の知れた職員が、税理士事務所を継いでくれたら良い。

お客さんにも信頼されている職員であれば、なおのこと。

同業者に引き継いでもらうのに比べて、種々のトラブルは少ない。

しかし、職員が引き継ぐ場合、どうしても対価は少なくなる。

この問題を除けば、引き継ぐはスムーズに進むのが通例だ。

問題と言えば、同僚であった職員と主従の関係になること。

雇い主が代わることで、先輩職員との関係が微妙になることもある。

実務に長けた先輩職員に教えを受けていた人であれば、なおさらのこと。

資格がないのだからしょうがないと開き直られたら、しこりは残る。

所長は先輩職員を納得させる必要があるが、これを怠ると大変。

先輩職員が数名の職員と共に退職し、顧問先を持っていった事例もある。

独りで辞めていくなら、担当先は退職金代わりと考えることもある。

しかし、集団離脱となると、経営そのものが危うくなる。

もちろん、持ち逃げは゛犯罪行為゛だが、防ぐのも困難。

日頃の教育・指導が徹底しているのか、゛事件゛が起こって初めて分かる。

何せ属人性が強い職業だけに、職員とのコミュニケイションがポイント。

試験に合格したからといって、経営者に適しているか否かは疑問。

コミュニケーション力がない人が多いだけに、経営者にとっては大問題。

自分の短所はなかなか分からないもの、所長がそれを指摘できるかどうか。

後継者と決める前に十分、その能力を客観的にチェックすべきだろう。

そうすることで、将来的なトラブルは避けられるだろう。

あと2ヶ月、合格者の発表が待ち遠しいところだ。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.