エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

30代後半の若き税理士、親の願いは叶えたが、、、

投稿日:

税理士事務所の経営者を父に持つ税理士が、故郷に帰った。

60代後半の父親が事業を承継させるために、東京から呼び戻したもの。

税理士法人で上場企業を担当していたため、要請には躊躇したのも事実。

故郷の町では、記帳代行中心の業務で、東京での体験は活かせそうもない。

そう考えると、父親の事務所を引き継ぐことに興味を覚えなかった。

しかし、歳を取っていく父親を見ていると、心苦しくもなる。

母親も家に帰り、嫁さんをもらい、父親の後を継いで欲しいと願っている。

税理士法人で難しい業務をこなすのもいいが、独立もしたい。

東京で開業することも難しいだけに、事務所を継ぐのも悪くはない。

そんなことを考えているうちに、何となく親の言うことを聞いてしまった。

しょうがなく、父親の下で仕事をしているが、先が見えてこない

それだけに、現在は心ここにあらずといった状況で、仕事に身が入らない。

実際に父親の引退時に、所長を任されるだろうが、YESと言えるだろうか。

ひょっとすると、事務所は継ぎませんと言ってしまいそうだという。

以上は、先日相談に来られた青年税理士の話をまとめたものだ。

コンサル中心の業務を担当していた若い税理士が、故郷に帰った。

そこでの仕事は、記帳代行中心の業務で、満足感が得られない。

収入的には事務所を継げば、東京での勤務税理士の数倍稼げるのは事実。

だからと言って、心が満たされなければ、どうなるのだろう。

不安ばかりで、今からでも事務所を離れ、東京に戻ろうかとも思う。

事業承継の手伝いをする立場からは、答えに困る内容だった。

両親とも息子さんが帰り、ほっとされているだろうが、お子さんは、、

もちろん、短時間の相談で十分な解決策が出せるわけではない。

しかし、この若き税理士の悩みは深い。

後継ぎがいていいねと言われ、満面笑みの所長は息子の悩みを知らない。

ある日突然に、東京に戻ると言われたら、果たして、その反応は?

どなたか、この悩みを解決できる解答を教えていただけませんか?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.