エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

いるんですね、条件を次々に有利に変更。それも譲渡希望の先生。

投稿日:

一生に一度のこと、仲介者として精一杯、先生の希望を叶えたい。

譲り渡す先生に満足いただけるように、条件設定をします。

しかし、破格の条件を設定しても、受け手がノーと言えば、アウト。

そこを受け入れられる状況を作ること、それが仲介者の見せ処。

当然、諸条件を上回るような交渉することはできません。

これらの条件も、譲り渡す先生と十分打ち合わせて決定する。

ところが、交渉中にこの条件を勝手に自分の有利に変えていく。

こんな人はこれまでの経験でほとんどいないのですが、出てきました。

具体的にどのような形で、わがままを言ってきたかは想像に任せます。

交渉開始の時点では、承継後は、辞めると言っていたのだか、辞めない。

それも引き継ぎのために数年は必要で、その間の給料も要求。

もちろん、承継の対価は分割してほしいと、言いたい放題。

この間の話は、実は直接交渉を行った結果、これも契約違反だが。

譲り受ける先生も我慢に我慢を重ねていましたが、打ち切りを決定。

仲介者としても、引き受け手の判断を、もちろん納得。

それでも、何故、打ちき切りだと叫ぶ税理士。

仲介者の責任だと言うのだが、交渉中の変節ぶりは知らん顔。

交渉中に弊社の手数料についても、まさにいちゃもんを言い続ける始末。

これまでの140件を超える仲介で、この例は例外中の例外。

やっぱり、辞めるという肚が決まっていないのでしょう。

実際、こんなことを書けば、きっとご本人の耳には入るでしょうね。

だからといって、性根は変わらないでしょう。

もちろん、守秘義務契約をしているから、地域や実名はご法度。

誰も知らない話ですが、ご本人だけが知っていることなんですね。

さて、これから先生はどうするのでしょうね?心配です。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.