エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

選挙に税金の是非は無し、でも全て税金でやってるんだよね

投稿日:

選挙の候補者として出るにも、お金はかかる。

この選挙で使用する街宣車の費用は、もちろん、候補者が負担。

でも、候補者を知らせる看板や新聞への広報などは、全て税金で賄われる。

選挙の政見放送も、候補者は一切負担することはない。

立候補者の供託金はあるにしても、それで選挙が賄われるわけではない。

無駄な立候補をするな、と言いたくなる候補者もいる。

投票が少ないだろうという理由だけで、立候補は拒否出来ない。

年齢も含め、要件が整い、供託金を納めれば、立候補はできる。

当然と言えば、民主国家の日本では当然のこと。

でも、これが出来ない国がいかに多いか、我々には理解できない。

お隣の国を見れば、よくわかるだろう。

個人の独裁国家と党の独裁国家、そんな国には選挙はない。

でも、わが国会議員が、税金で賄われていることを理解できているのか。

選挙ばかりか日々の政治活動も、税金で賄われている。

辞任した都知事もこの税金で交付された政治資金を、家族で使っていた。

これは氷山の一角だろう。

余った交付金を、次の選挙のため、支持者が拡大のために留保する。

そんな使われ方も、税金を納めるものとして、なにも言えない。

次の選挙まで、悪さを働いた議員を辞めさせることもできない。

しかも、悪さを素直に認める議員もほとんどいない。

国の日常を運営する官僚にも、議員を諌める、国士は数少ない。

退官後の天下先の少なくなり、自由にものが言えなくなっている。

成熟社会の先頭を走る日本、世界に範がないだけに、光が見えない。

今回の参議院議員選挙、5年、10年後にどう評価されるのか?

果たして見守れるか、見守りましょう。日本があれば!

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.