エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

日本で風力発電が活気づかない本当の理由?

投稿日:

大震災が必ず来ると言われている、地震大国・我が日本。

大きな地震に、近くの原発にもしものことはないかと、不安になる。

その近くという距離は、福島の際は80キロにも及んでいた。

地震の巣・活断層が、それこそ全国どこにでもあると言う。

福島原発のようなことが起れば、それこそどこも逃げ場がなくなる。

それだけに再生可能エネルギーを使う電力に、大きな期待がかかる。

太陽光発電も全国で展開されているが、買い取り価格は下げられた。

しかし、一般家庭の太陽光発電など、原発によらない電気は確実に増えている。

そんな中で、風力発電はなぜか元気がない。

2003年に日本風力発電がマザーズに上場された。

この企業はM物産の一プロジェクトだったが、なぜか担当者が独立。

その理由は、風力発電をやるなら、原発の仕事は出さないと゛恫喝゛。

その後、安定した電力を提供できるようになり、丸ビルで使うことに。

ところが、その仲を取り持ったI興産は、T電力に出入り禁止に。

2009年、経済誌に同社が粉飾決算しているとスキャンダルを書き立てた。

証券取引等監視委員会からも特別調査が入り、何と5年間もねちねちと。

最終的に粉飾決算はなく、インサイダー情報を流したとして、決着。

こうなると、補助金頼りで何とか回っていた会社も、黒字化できず、身売りに。

こんな圧力があったそうだが、やはり風力発電を潰したのは、T電力か。

しかし、今でもどこの電力会社も、風力発電部門は持っている。

ただし、それを商売にしようとは考えていないようだ。

日本の風は、風力発電には、向かないという。

風の吹く方向が360度回るので、風車の羽がもとないという。

風車は青森や北海度に集中しているので、冬場はこれまた大変。

地上20メートルの高さにある風車の羽が凍り、折れてしまうことも多い。

圧力には何とか抵抗できたが、風車が壊れやすいのでは話にならない。

しかし、原発は安上がりだと言っていたのが、嘘だとわかった今、

東北大震災規模の震災の前に、太陽光以外にも使えるものを見つけたい。

事業承継の話ではありませんが、承継できない国にしてしまっては大変です。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.