エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所の買い戻しは出来るのでしょうか?

投稿日:

答えは、「YES」です。

確かに先生が廃業した場合は、できない相談でしょう。

いいえ、そんなことはありません。

先生が廃業しても、答えは「YES」です。

それって、お客さんも「馬鹿にするな」となりませんか?

いいえ、「よくやった!」と、誉められますよ。

えッ、えッ、どういうことことですか?

税理士事務所に子弟が勤めていることはよくあるケースです。

しかも税理士試験に挑戦中で、数科目を残していることも多い。

そのお子さんが試験に合格した時には、「買い戻したい!」となる。

先生が急死されたり、不治の病で廃業に追い込まれたときの付帯条件だ。

しかし、何時合格するかは、誰にも分からない。

それでも、譲り受ける先生は、それを許容できるのかが問題。

本音では、「多分、受からないから!」と、゛特約゛を受け入れる。

確かにこれまでに2件、この特例つきで契約をしたことがある。

2件とも息子さんたちは、受け入れ事務所に受け入れられた。

そうすることで、お客さんの引き継ぎもスムーズに進んだ。

そのうちの一件は、息子さんの顧問先からの評価は最悪。

担当者を代えて対応したところ、お客さんは大喜びで、契約継続。

次から次へと顧問先からのクレームも出てくるので、再教育を実施。

そうこするうちに、試験勉強に集中するとの理由で、お子さんは退職。

その際も、試験にパスした際には、買い戻しオーケーとした。

今現在、合格の報もないし、お子さんの動向は聞こえて来ないという。

この特約を条件とするのは、先生の奥さんがほとんど。

やっぱり、お子さんがかわいいし、その能力を過大評価してるんですね。

しかし、責められるべきは母親ではなく、お子さんでしょう。

「買い戻しました!」という報告が届けば、お客さんも大喜び。

早くその声を聞きたいのだが、買い戻し条件が実施された例はまだない。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.