エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

後継の税理士を紹介してもらいたい、というのだが、果たして?

投稿日:

税理士事務所経営は、企業というより゛家業゛。

従業員が5人以下なら、社会保険も加入する義務はない。

だから、職員は国民健康保険に加入、年金も同様。

厚生年金と比べれば、掛け金は少ないだけに将来の年金も少ない。

雇用主が、職員の年金や保険料の分担金を払う必要はない。

法人であれば、社長一人でも厚生年金に加入しなければならない。

保険料や掛け金は国民年金に比較すると、遥かに高い。

それでも将来的に支払われる年金も、高くなるだけに、我慢ができる。

家業を経営する税理士には、従業員の年金などどうでもいい。

そんな税理士もいないとは言い切れない。

実際に従業員が5人以下の事務所で、国保に加入という例は少なくない。

厚生年金にはいれば、雇用主と従業員が掛け金を半々で支払う。

経費もかかるので、厚生年金には加入しないというわけだ。

でも、従業員の将来の年金を考えれば、国民年金のままでいいのか?

多いに疑問の残るところだが、経営に余計なことは言えませんね。

こんな事務所から後継者を紹介してもらいたいとの要請もある。

これには正直、応じるかどうか迷ってしまう。

ただでも、後継者として紹介しても、何らかの理由で途中で破綻。

後継者候補が追い出されてしまうケースも少なくない。

職員の将来も考えていない先生に、後継者への愛情はあるのか?

後継者を育てることのできなかった先生が、紹介された人を認めるのか?

難しいですね、実際に後継者を紹介して、納得できる結果が出るのは。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.