エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

新規開業に強力なサポーター。それは、、?

投稿日:

30数年前に開業した税理士さんのほとんどが言います。

「自宅を事務所に、お客さんがゼロからのスタートでした。」

職員を雇えるようになったのが、3年から5年経ってからだ。

それまでは奥さんが手助けし、子育てにも奮闘。

今では、その奥さんも専従者にはなっているが、第一線からは離脱。

経済成長も続いており、時代が良かったと、誰もが考える。

現在はどうだろう。成長経済の時代は去った。

後継者不足などで、廃業する中小零細企業も少なくない。

これらの業者の多くが、会計業務は税理士に頼っていた。

税理士事務所にはどうしても顧客減で、経営も厳しくなっている。

税理士資格を取っても独立できずに、勤務税理士を続ける人も多い。

そんな中で、独立する税理士も当然皆無というわけではない。

友人や知人をお客にするのは、もちろん、新規開業者に的を絞る。

法務局で新規開業者リストを閲覧し、営業をかける。

法人、個人を問わず、税理士であれば、誰もが考える営業だ。

開業間もない企業にDMが届けられるが、その中に税理士も数件ある。

同じ地域にある税理士事務所だけでなく、他地区からも届く。

本当に厳しい営業が必要になっているのが、現実だ。

そういった状況下で、お客を持っている人と仕事ができれば、大助かり。

ここで、独立の際にお客を持っていくという面倒が起こる。

しかし、自分がいた事務所ではなく、他の事務所にいた職員なら?!

そんな知人がいれば、自分と一緒に仕事をしませんか?

そんな言葉が出るかどうかはわからないが、開業は順調に進む。

税理士自らが開拓していない、職員の顧客だけでは安心はできない。

強力なサポーターに違いないが、関係が悪くなれば、どうなる?

職員も自分のお客と強く主張すれば、いつかは税理士とぶつかる。

結果は明らか。お客を持ったまま職員は去っていく。

税理士の顧客という認識はないので、実に簡単に流れていく。

厳しい現実に直面し、勤務税理士に逆戻りする人も少なくない。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.