エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

あるんですねえ、今でも。「零細企業で、粉飾なしでは、、」

投稿日:

事業承継の仲介をするなかで、引き受け手が重視することがある。

売り上げや職員構成などは当然として、顧客の状況をチェックすること。

赤字企業が75%にもなるので、赤字かどうかはまず問題なし。

ただし、黒字を赤字とする、所得隠しは当然ご法度。

そこで、各顧客の税に対する考え、脱税指向があれば、これも受け付けない。

事前に契約を解除して欲しいというのは、ほぼ全引き受け手の対応。

もうひとつが、粉飾の問題。

かつてのように、赤字企業は公共事業の入札には参加できなかった。

それが今はある程度緩和されているので、粉飾する必要も少なくなった。

とはいうものの、金融機関のチェックは厳しく、赤字企業には融資しない。

制度融資を受けられない中小零細企業は、なんとか黒字にと税理士に依頼。

長年顧問を勤めてきた税理士も、お客さんがつぶれるのは忍びない。

そう考えるか、それともお客を繋ぎ止めたいと考えたのか。

その理由は様々なだろうが、一度粉飾決算を組むを、やめられない。

黒字企業が、ある日突然赤字に転落。金融機関も大慌て。

資金回収に動かれたら。本当に企業はつぶれてしまう。

そんななかで、「粉飾しなけりゃ、うちのお客はつぶれちゃう」

なんと?これはある所長の言葉。

そう、その所長さん、今は業務停止の処分に。

それだけに事業承継の引き受け手としては、そんなお客を受けたくない。

なかには、決算は組むが、申告書当の署名はしないと断る人も。

いずれにしても、脱税、粉飾指向の顧客は、税理士には受けられない。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.