エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

血は水よりも濃いのだが、誰が創った事務所?

投稿日:

息子さんが資格を取得し、父親の税理士も一安心。

父親の背中を見ながら育った息子が後継者になって、夫婦も大満足。

お客さんにも、「お陰さまで、息子が継いでくれることになりました。」

顧問先からも「息子さんに継いでもらえるので、安心!」と言われてきた。

そんな日々が続いていたのだが、力をつけてきた息子の態度が変わってきた。

それも資格取得後に結婚。孫が生まれた頃から、一言多くなってきた。

「親父が事務所を始めた時代と今は違うんだ!昔の話は聞きたくない。」

顧問先のほとんどが父親が営業したもの。息子の客は一件もない。

それでも、時が来れば自分の事務所になると、当然考えている。

まさに、「俺がいなければ、この事務所は無くなる。」とでも言いかねない。

そんな姿を見てきた父親は、もう息子の言いたい放題は許せない。

「お前がこの事務所を継ぎたくないのであれば、辞めても良い。」

ついに、父親を否定するような言動をする息子に、我慢も限界。

これを聞いた息子はキレた。「辞めてやるよ。後で後悔するなよ!」

嫁と孫を連れて息子は、嫁の実家もある東京に去っていった。

残された夫婦には後継者がいなくなったが、なぜか気分は爽快。

無理に息子を税理士にさせたのが、失敗だったかもしれない。

大学受験を含め勉強の連続で、情けが分からないから子供を育ててしまった。

そんな反省をする日々は続いていたのだが、ある日息子から連絡が!

それは自分のいたらなさを反省する内容で、もとに戻りたいという。

「女房にお父さんが正しいと言われ続けたのだが、当時は分からなかった。」

親父さんが作り上げた事務所を継げることこそ、息子の仕事。

お客さんもそれを喜んでくれる。そんな幸せは誰もが経験できるものではない。

父親も母親も、実は嫁さんが東京に戻りたいため息子を言いくるめたと考えた。

とんでもないことで、誠にできた嫁さんだった。

でも、やはり血は水よりも濃く、息子も嫁さんの意見を素直に聞けた。

両親が大事にしてきたお客さんにも、改めて後継者宣言ができた。

こんな事例もあるんですよ。

他人への承継相談だけを専門にしているわけではないのです。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.