エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所経営は大きな変革期を迎え、淘汰の時代にも!

投稿日:

カリスマ経営者タイプの税理士と若手税理士の対話。

カ)先生、事務所経営で、今一番重要なことは何ですか?

ワ)コンプライアンス、法令遵守を徹底させています。

カ)なるほど、ある程度の規模がないと気がつかない点ですね。

ワ)そう考えています。税務調査で当局にすぐにわかるものもありますから。

カ)具体的にチェックの方法は?

ワ)顧客からの相談も資格者がチェックし、指導します。

カ)そうですね。無資格者が所長などの指示なく、行うと違反ですからね。

ワ)つい気軽に返事をしてしまいますが、野放しにはできません。

カ)文書にしているんですか?

ワ)はい、クラウドを利用して報告書を残すようにしていています。

カ)契約解除になった顧客からの゛告発゛もあるようですね。

ワ)それよりは、退職した職員からの情報の方が怖いです。

カ)内部牽制がしっかりしていないと、そんなこともありますね。

ワ)法人であれば、一件でも非違事項が出れば、支店も含めて処分。

それだけは避けないと、お客さんに多大な迷惑をかけます。

カ)確かにその通り。今は個人の先生ばかりが処分されていますが、

当然法人の調査もありますからね。

ワ)大規模な非違を把握できた税理士監理官は、評価が上がりますよね?

カ)当然そうでしょう。これからは税理士法人のチェックが厳しくなる。

ワ)我々若手にとって、非違で処分されれば、組織は消滅です。

カ)職員も路頭に迷わないように、指導を強化しなければならないね。

ワ)営業だけに目を向けていると足元を掬われます、しっかりやりましょう。

こんな税理士同士の会話が、実際に行われるようになっています。

個人事務所の先生、大丈夫ですか?面倒な仕事が増えますね、

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.