エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

家族従業員が、相変わらず゛家業゛から脱皮できません

投稿日:

個人事務所で家族が働いているのは、常識。

専従者給与をもらって、のんびりしている家族従業員もいる。

息子さんの場合は、他の従業員と同等以上の働きが要求される。

誰よりも高い給与をもらっているのが普通だから、当然そうなる。

しかし、娘さんで総務を担当している場合には、それほどきつくない。

そんな事務所が事業承継されると、思わぬトラブルが生ずることも。

法人の支店になったある事務所、先生も認識不足!

経営権などを譲渡したにも拘わらず、経営者意識が残ったまま。

契約書で明らかになっていることでも、「私は聞いてない」の一点張り。

高齢者によくあるパターン、自分は税理士法人経営者と同等だという。

それに輪を掛けて、娘さんも゛家の事務所゛の意識から抜け出せない。

法人の総務とのトラブルの際も、「そちら」と 「うち」を使い分ける。

経営統合されているのだから、「そちら」とは通らない話。

同じ総務の下部組織となっているわけだから、当然゛うち゛となるはず。

衝突がなければ、いつまで経っても、家の事務所意識は変わらないことに。

こんな些細なことも、家族従業員が残った場合には、起きるわけです。

先生が引退するときには、実務をやらない家族は同時に引退ですかね。プロ

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.