エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士法人に何故しないのか?

投稿日:

先日、税理士の娘さんが、ともに受験勉強をしていた青年と結婚した税理士の話を聞いた。

婿さんも資格を取得し、ともに税理士として働いている。

実は婿さんの父親も税理士で、婿さんは現在、父親の事務所を手伝っている。

娘さんも自分の父親の事務所に勤務している。

娘さんの父親から婿さんに、夫婦養子の話が伝えられると、「いいですよ」の返事。

話はとんとん拍子に進み、ともに同じ事務所で仕事をすることに。

ただし、娘さんにお子さん、先生にとってはお孫さんができ、当面は子育て。

婿さんの父親がよく了承したものだと思うのがだ、父親の事務所は一人税理士で十分な規模。

将来的には吸収合併し、一事務所になるだろうという。

そこで、「税理士法人にしたら?」と話を向けると、「いやあ、私の小遣いが減るからいやだね」

そうなんですね。法人にするべき規模の事務所で、勤務税理士も数人いるところでも個人事務所のまま。

同じ質問をすると、答えも同じ。

つまり、法人にすると、お金を自由にできなくなるから、今のままでいいとおっしゃるわけだ。

将来的には、自分が動けなくなったら、法人にしようかな??と、もらした言葉。

事務所を大きく発展させようとする税理士には、関係のない話ですが、まだまだこういう人は多い。

後継者がいなくて困っている人には、うらやましい限りですね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.