エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

事務所経営に疲れた所長税理士の一言は「面倒な客は断れ!」

投稿日:

40年も事務所をやっていると、営業力も大幅に落ち込みます。

しかも、子育ても終わり、孫の顔を見るのが楽しみといったところから、孫まで成人すると。

孫への興味もなくなり、お金も充足してしまい、仕事にも力が入らなくなる。

”生涯現役”とはいうものの、事務所経営の目的が従業員の生活を守ることに傾注!

面倒くさいことはもういい。無理にお客の顔を立てなければならないこともない。

事務所顔を出すのも徐々に少なくなり、仕事も従業員任せ。

ただし、申告書だけは最終チェックを行う。これが最大の仕事。

そこで出た叫びが、「面倒な客は断れ!」

こんな極端な先生は、ごくごく少数だと思われる。

しかし、事業承継をせずにそのままにしておくと、お客さんも減少し、事務所が立ちいかなくなる。

そうなると、従業員の給与も払えなくなり、中には年金で給与支払いの補てんをしている先生も。

従業員も気が気でない。いつ事務所が閉鎖されるか、不安は拡大する。

しかし、少なくなった顧客を見ると、元気な事業所も少なくなり、将来展望は真っ暗。

だからといって、事務所が承継されるとなると、これまた反対を言う。

職員の雇用が守られることで、経営者としては気分的に楽になる。

引き継ぐ先生も士気の上がらない事務所を引き受けるのは、大変なこと。

それでも、一度に多くの新規顧客を確保できると考えれば、時間を買ったと思い、納得。

もちろん、こんな事務所ばかりが、事業承継を望んでいるわけではない。

本当にこんないい事務所を手放すのと、正直問いただしたこともある。

それ相当の理由があるのだが、やはり十人十色、事業承継もいろいろです。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.