エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

契約まで至らなかった事例、その2

投稿日:

県庁所在地より、列車で1時間ほどの地方都市での話。

広々とした事務所に、4人の女性職員の机と5メートル離れたところに応接セット。

訪問すると、その応接セットで先生から事業承継の話がスタート。

過去に若い先生の事務所と統合し、共同事務所を運営。(だだっ広い事務所を納得)

しかし、上手くいかずに1年もたたずに、共同事務所を解散したとのこと。

先生も80歳を超えて、気力体力ともに減退。退け時と判断してのご相談。

高齢ゆえに話し声も大きく、さらに女性職員4名はすべて在所。

実は応接セットの裏側に水屋があり、仕事も手につかに様子で、職員がちょこちょこ寄ってくる始末。

どうやら、耳をそばだてるだけでなく、近くに来て、話の内容をチェックしている模様。

秘密の話をしたくとも、その状況ではできない相談。

そこで、場所を変えて、近くのレストランで話をし、承継先を探す依頼を受けた。

その足で、帰京したのだが、翌日、先生より中止のご託宣。

その理由は、女性職員が「先生が元気なうちは自分たちががんばる」と宣言。

要は、高齢の先生のもとで、自分たちの自由な仕事がしていたいということ。

今のそんな環境を変えてほしくないという、職員のわがままが通ってしまった。

先生にとって2度目の挫折。多分3度目はないだろうと、全く気の毒な話。

実はこんな例はそこら中にあります。どうですか、先生??

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.