エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所の事業承継、新年第一弾、案件契約が成立!!

投稿日:

税理士歴40数年の、ある地方の先生です。

税理士の先生たちの交友関係といえば、税理士仲間というのが相場。

しかし、会計事務所の経営に関して意見を交換することは、ほんとんどないに等しい。

税理士会の会合でも、事業承継の話はしたくとも、できないのが実のところ。

若手で将来有望な先生が見つかっても、直接話をすることもできない。

日頃から若手と肝胆相照らし、気心を知れるまでになっているという関係は数少ないはず。

今回ご相談があった先生もこのケースで、自分では良いと思っていた先生には声はかけられなかった。

そうこうしているうちに、先生ご自身の健康が怪しくなり、独力で承継者を探すことができなくなった。

弊社では先生のご要望と家族の考えをじっくり聞き、最適な相手として税理士法人を紹介。

職員は2名で、男性は2人、あとは入力専門のパートさんが2名という”所帯”。

事業承継の話を進めるうちに、男性1名が退職することになり、残りの職員は法人が引き取った。

しばらくは、先生の事務所を税理士法人の支店とし、引継ぎ完了数年後にも本部に吸収することに。

先生もその支店の社員税理士に就任し、お客さんには何ら迷惑はかけない体制が出来上がった。

採算の問題を言えば、法人にとってはそれほど”おいしい話”ではない。

ただ、事業規模が大きくなることによって、職員が上に立つチャンスも増え、士気も上がってくる。

地域1番店を目指す同法人にとっては、新しいお客さんからの口コミのチャンスも増える。

譲り渡した先生も、法人のために新たなお客さんを紹介してもらうよう、社長たちにお願いすると意気込む。

これまでは自分の仕事が増えては困ると、”営業”は打ち止めにしていたのだが、今は違う。

先生も、「身体は心配だが、少しでもお客を増やして、恩返しをしなければね」と、笑顔で話す。

ご家族も先生の負担が大幅に減り、精神的な不安が去ったことで、一安心。

実はこのような話はこれまでに数多く経験しているだけに、当支援室にとっても”普通の案件”。

若手の最適な承継者が見つからない所長さん、そしてご家族も、ぜひご連絡ください。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.