エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

先生の下で頑張りますので、経営統合は辞めてください!!

投稿日:

こんなことを言って、辞めて言った税理士がいます。

所長は高齢で、すぐにも辞めたいのだが、お客さんのことを考えると放り出すこともできない。

一番いいのが、勤務税理士に後継者としてやってもらうことだが、何時も答えは「ノー」。

「先生がいるから仕事ができるので、独立する気もありません。」というのが口癖。

しかし、高齢の先生からしてみれば、いつまでも勤務税理士の責任をカバーすることも限界。

早く事務所の承継してもらいたいと、日ごろから要請しているのだが、埒が明かない。

痺れを切らした老先生、当支援室に助けを求めた。

要求されることは確かにハードルは高いのだが、勤務税理士に要望していたことはそれほどではない。

ところが、老先生がいる限り、事務所を辞めることはないと言っていた勤務税理士の態度が豹変。

というのも、老先生が選んだ道は税理士法人との経営統合。

常々、「ひょっとすると、勤務税理士はお客さんを持っているのではないか」との疑念を持っていた。

安い月給で我慢をしていたところを見ると、先生の下で働くというのはあくまでもポーズ。

税理士として自ら署名し、いわば勤務税理士としては税理士法に違反した行為を長年続けていた形跡が見えてきた。

老先生が税理士法人に参加することで、勤務税理士は”悪事”が露見することを避けたようだ。

しかも、自分が担当していいた顧問先についても、一部を除きその大部分を置いていくという。

普通、長年自分が担当していた顧問先は独立に際し、譲ってほしいと要請するのだが、今回はなし。

老先生、「やっこさん、生活ができないだろう」というのは、いらぬお世話かもしれない。

隠れて税理士行為をし、生活も十分できるとあれば、老先生のお客などいりませんということだろう。

それとも、しばらくしてから顧問先に営業して、自分のお客にするのだろうか?

はっきりとしたことは分かりませんが、何とも不可解な勤務税理士の辞職劇でした。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.