エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

24日のセミナー、参加者のほとんどが譲り渡し希望!!

投稿日:

東京で開催開催した24日のセミナーに参加された先生や家族の方は、ほぼ全員譲り渡し希望。

こんな受講者の構成は、これまで経験したことがありません。

承継希望者が80%強で、譲り渡し側は10%前後がこれまでの通例だった。

はたして何が起こっているのでしょうか?

時期が時期だけに、承継希望者は、3月決算5月末申告の業務に忙しいのでしょう。

結論はそうでしょうかが、参加者の数からすると、びっくりです。

20年来の親交のある税理士さんも参加され、個別相談では綿密なスケジュールまでも。

しかも、税理士歴40年以上の方が4名も参加され、これまた初の記録。

その反対に50代後半の先生からは、60歳定年説が出され、数年後の”予約”まで出た。

職員は全員承継先に雇用してもらいたいが、自分は一人で新規事業に挑戦するという。

税理士業務ではないことをやるというのだから、その勇気に拍手を送りたいところだ。

また、高齢の父親を見ているうちに、税理士業務にトライし、できれば試験にもという娘さんも参加。

今年いっぱいで父親が引退する決意を固めているが、父親のお客さんを自分で守れないかという。

実際には試験で5科目を一遍に合格するのは至難の業、”卒業”する父親の仕事を継ぐことは不可能。

それも父親の仕事を長年手伝っていたわけではなく、会計業務にタッチしたこともないという。

このような状態で、父親の顧問先と一緒に自分も雇ってもらえないかというのだが、それは無理と進言。

結論は出ないまま、セミナー会場を後にされたが、はたしてどのような話が今後展開されるのだろう。

このようなケースでは、顧問先だけを譲り渡すことになるのだが、家族の合意は出来上がるのだろうか。

また面談日を決めて、個別相談を先送りされた先生もおり、忙しい日が続くことになりそう。

これが今回のセミナーの状況でしたが、承継希望者にどのように話ができるか、楽しみなところだ。

6月7日の小倉でのセミナーはまだまだ受講者募集中ですので、気軽のお申し込みください。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.