エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

昨日、ブログを書いたのに、アップされていません。

投稿日:

昨日中に書き込んだブログが、今、20時48分にチェックしたところ、載っておらず、昨日のまま。

これは一体、どうしてでしょう。分かりません。事務所のパソコンがトラブッていたのも事実です。

でも、改めて書きます。(4月3日の掲載ですので、申し訳ありません)

「人間には口は一つしかないのに、耳は二つある」。幼稚園児でも知っていますよね。

でも、これは米国では「他人の意見をもっと聞かなければならない」との神様からのメッセージだといいます。

無宗教の私には、アメリカ人から、神様の贈り物、といわれても、納得しません。

でも、でも、他人の意見をしっかり聞けというのは、神様が言うまでもなく、”常識”です。

とくに、事業承継の仲介をしていると、よくわかります。

事業を継続することを断念した税理士さんは、これまでの歴史を、どなたかに継いでもらいたいのです。

経済的な利益などが重要ではなく、ご自身の歴史をわかってくれる人であれば、どなたでもいい。

もちろん、後継者を育成できた人は、そんな大上段に構えなくとも、後継者候補が分かってくれるはず。

しかし、この税理士事務所経営は、税理士でなくればその主体にはなれない。

普通の商売であれば、自分の後継者は家族で十分ですが、税理士事務所は資格がないとアウト。

息子に継いでもらいたくとも、国家資格を手にできなければ、その血は引き継げない。

しかしどうだろう。資格者だからといって、はたして満足な経営ができるのだろうか。

こんな例があります。

下町の3代続いている会計事務所ですが、3代目は弁護士。税務はほとんど分かりません。

分からないから、税務は勤務税理士任せで、その上がりだけはしっかりと 自分のものに。

職員からの不平不満には、一切耳を傾けず、「しっかりやってくれ!」だけの毎日。

それだけならばいいのだが、経理担当者の所へは毎月、膨大な”クラブ”の請求書(クレジット)が届く。

それも弁護士事務所ではなく、税理士事務所に。

弁護士といえば、依頼人の話に耳を傾け、依頼者を守ることが使命。

ああそれなのに、税理士事務所の経費で、夜な夜なセレブな繁華街で、酒と女の日々。

税理士事務所の職員も、もうやってられません。次々と職員は辞めて行きます。

こんな人のためにも、耳は二つなのでしょうかね。ひょっとすると、舌は二枚、三枚あるのかも。

こんな資格者に経営を任せていたら、資格なき職員たちの生活の場はなくなってしまいます。

そんな意味でも、神様は公平ではないのではないでしょうか?

日々様々な体験、そして、多くのことを知らせてくれるのが、このビジネスです。

身体に良い訳ないですね。でも、気は持ちようで、いい体験ばかりをしていると感じています。

これからも、よろしくです。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.