エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所、家族経営のもろさで、”終戦”!!

投稿日:

家業とはよく言ったもので、家族以外の従業員がいない事務所も少なくない。

今回の相談もその典型的な事例だ。

税理士さんは70代半ばで、病気がちになっていたここ数年。

実務は、70歳に手が届いた弟さんを中心に、奥さんとと30代前半の息子さんの3名。

息子さんは税理士試験に挑戦中だが、”戦績”は思わしくない。

実務のほとんどをこなす弟さんが、確定申告を前に、急な病に倒れ、復帰が絶望的に。

兄である税理士も当方に暮れ、この確定申告は何とか乗り切った。

ホッとしているのもつかの間、なんと一番若い息子さんが入院。

それも治療には、長期間になるという事態。

かねてより、自分自身の体にも自信が持てなくなっていただけに、今回は参ってしまった。

息子さんが資格を取るまで頑張るつもりでいたが、その気力にも限界に来てしまった。

そこで、息子さんが復帰し、その上資格を取ることが出来たら、息子さんに事務所を引き継がせたい。

その思いを理解してくれる先生に、”ピンチヒッター”として一時的に事務所を承継してもらえないかと考えた。

幸い、身近にそういう希望を聞いてくれる先生が現れ、その仲介役を依頼された。

言葉は悪いが、非常に虫のいい話だが、過去にもこれと同じような事例があるので、それを紹介。

このように家族だけで経営されていた事務所の場合、キーになる人が欠けると、一遍に瓦解してします。

息子さんが資格を取れなくても、先生が生きているうちは事務所は成り立つ。

しかし、今回のケースでは働き手が誰もいなくなり、先生もPCなど使えないから、まさにお手上げ。

常々、家族以外の従業員を雇っていないから、いざという時に頼める人材も一切なし。

とはいえ、”家内工業”だけに、辞める踏ん切りは、他人を雇っているときよりも、簡単であるのが救い。

今回はすっきり契約が終わり、先生も息子さんの治療に協力できる態勢が作れたことで、一安心。

それにしても、この間のお客さんに対するサービスの提供は、どうなっているんでしょうね?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.