エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

事務所経営

繁忙期に合わせる税理士事務所の職員募集?

更新日:

新型コロナショックは計り知れない難問を投げ掛け、税理士事務所も顧問先の補助金・給付金関連業務も一段落。

顧問先のなかには、少額の給付金などでは資金繰りを賄いきれず、廃業する企業も出始めてきている。

そんな状況で職を失う人を、はたして地道な業務に終始する会計業界が迎えることができるのだろうか。

顧客が減れば、税理士事務所経営も怪しくなってくるから、早々簡単には職員を増やすことは出来ない。

確かに税理士事務所には遊軍的な職員がいるかというと、いないのが圧倒的で、仕事が増えて初めて職員を探す。

 

TV電話で監査できる時代

ここに来て、毎月監査のため顧問先に行かなくても、TV電話でデータを基に監査業務も行えることが証明されている。

監査のために臨場するための時間を割かなくてもよくなるので、事務所ないし自宅での業務時間も十分確保できる。

こうなると、多忙期を克服するために職員を確保している事務所では、確定申告期以外は手の余る職員が出てくる。

同時に年一の顧客を多く抱えている事務所では、3月決算時期には殺人的な業務に終われ、それ以外は暇となる。

 

まとめ

それを避けるためには、年一関与でも会計業務・記帳業務は毎月行い、決算時に精算する、それによって業務は平準化できるわけだ。

業務が平準化できれば、臨時職員も必要なくなり、暇な職員を雇い続けることもなくなるから、経営も安定する。

そんなことは分かりきっているという事務所は、人不足で業務を縮小することもなく、業務拡大ができる事務所だろう。

 

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-事務所経営

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.