エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

厳選ブログ 経営・承継のトラブル 退職金問題、顧客の持ち逃げ

顧問先を担当者が持っていってしまう、どこが雇うの?

更新日:

税理士事務所の宿命と言えば、職員が顧問先を持って退職すること。

職員と顧問先との関係は、所長・税理士を越えたものにもなっている。

もちろんすべての職員が、所長以上に密接な関係にあるとは言えない。

だが、゛持ち逃げ゛しようとする職員は、゛自分゛のお客と判断。

だから、自分の行く先に付いて来てくれると、主張する。

たしかにそうだろう。

顧客は所長と契約したはず

しかし、お客さんになった時は、所長を良しとして、顧問と決めたはず。

担当を任された後は、所長の指導の下に職務を遂行してきたはず。

その業務により、給与を手にしてきたわけで、お客は先生の客。

その客を所長の許可なく゛持ち逃げ゛することは、倫理的にアウト。

倫理などより、食うためには客と一緒に移る必要があるんだ。

そういうだろう、自分が精一杯サービスを提供し、引き留めてきた。

そんなことを言うかもしれないが、誰も認めてくれないだろう。

「客と一緒にウチに転職してきなさい」

「客と共に来るなら、ウチは受け入れるよ」と、転職を進める税理士もいる。

そうでなければ、転職は認めないとなれば、担当先を説得するでしょう。

「私は事務所を移りますが、これまで通り頑張ります」

何て言うのかどうかわかりません。

でも、お客はこれまでと代わりがなければ、気心の知れた人に任せる。

経営者にとっては、会計業務はあくまでもメインではなく、お任せなのだ。

誰にやってもらっても良い、それまでと代わりがなければ、それで良し。

そこまで言って良いかは疑問だが、受け入れる税理士の思いは如何に?

まとめ

好く聞く話だが、客を持って移ってきた職員は、何れまた移っていく。

だから、その人物の評価が高くなることはないし、信頼感は薄い。

能力を認め、その職員を受け入れた訳ではないので、厚遇はしない。

移ってきた当初は良い顔をしているかもしれないが、その腹のうちは??

持っていかれてしまう所長にも、もちろん問題があるはず。

それこそ問題の根元だとの声も聞こえてくるが、はたしてどちらに責任?

゛持ち逃げ゛職員を雇う税理士も、やっぱり良い評判はありません。

難しいですね、ますます客が減る状況下の、税理士事務所の経営は?

 

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-厳選ブログ, 経営・承継のトラブル, 退職金問題、顧客の持ち逃げ
-,

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.