エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

事務所経営 名義借り・名義貸し、会計法人 従業員 経営・承継のトラブル

所長はしばらく来ていませんが顧問の先生が…

更新日:

高齢のため、身体が思うように動かなくなった税理士事務所長が、事務所に顔を出さなくなってしばらくたった。

幸いにも顧問の担当税理士が職員の質問や申告書をチェックし、通常業務はスムーズに行われていた。

しかし、顧問は申告書に署名することが出来ず、所長がサインしているわけではないので、そこは問題。

所長の指導・管理の下に業務が行われていないだけに、この事務所の職員はニセ税理士行為を疑われることになる。

顧問の税理士は所長から頼まれたと、業務のアドバイスを行い、職員もニセ税理士行為には気付いていない。

ただ、顧問税理士が所長の依頼を受けて職員の指導をしているとしても、所長が見ていない申告書を出せば、アウト。

こうなると、税務署の調査があれば、所長の状態をチェックし、事業承継を薦めることにもなる可能性が大。

ひょっとすると、顧問の税理士もそれを待っているのかもしれないが、これまでの経験から、あり得る話だ。

 

まとめ

こんなケースでは、承継時に金銭のやり取りはなく、引き受け手は万々歳。所長の家族は悔しい思いをすることになる。

それにしても、後継者を育てず、具体的な承継策を考えず、職員も路頭に迷わす高齢の先生は少なくないのは、なぜ?

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-事務所経営, 名義借り・名義貸し、会計法人, 従業員, 経営・承継のトラブル

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.