エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

事務所経営 厳選ブログ 家族従業員の処遇 従業員 所長の引退、経営陣から撤退

所長の引退、それに伴う悩ましい家族従業員の処遇は?

更新日:

税理士が引退を決意するまでに悩むのが、家族従業員の将来。

家族が税理士資格を取ることができなければ、他の税理士に事務所を譲ることになる。

そうなると、優遇されていた家族従業員の処遇が悪くなることもある。

そんな中で、仕事が忙しく、途中で試験を諦めた子弟もいる。

しかも、高齢で引退する所長となると、子弟も家族持ちで孫のいることが多い。

さらにその孫の教育にお金がかかる年齢だと、子供に援助してあげられなくなる。

所長の〝血〟が引き継がれれば顧客も安心

そんな状況にある事業承継希望の税理士に多く接触してきたのが、当支援室。

少しでも、家族従業員の処遇が変わらないよう、引継ぎする所長と交渉を行う。

その子弟が業務に精通し、いわば番頭さん的な仕事をこなしていれば、話は早い。

引退する税理士の”血”が引き継がれれば、元の事務所のお客さんも安心する。

担当も変わらなければ、お客さんは事業承継に納得し、さらにサービスが良くなれば御の字。

これまでの例では、父親以上に働いていた息子さんが、”所長”に就任した例もある。

もちろん、引き継いだ税理士がいるわけだが、顧客のことは”所長”任せ。

自分は経営に専念し、日ごろの業務は部下に任せ、税務調査などにはもちろん対応。

引継ぎ後、すでに3年を経過したが、顧問先も増え、順風満帆の日々。

ただの高給取りは厄介

それとは反対に、ただ所長の家族というだけの、”高給取り”では、大変。

引継ぎは行われるものの、新しい職場には馴染めず、辞めていく子弟も少なくない。

それだけは避けたい所長だが、その将来を知っているのは、所長自身。

なかには引き受け手の税理士より年上の家族従業員が、辞めていく例も出ている。

年下の新参者に指導を仰がなければならないことに、我慢ができないというのが、その理由。

新しい仕事を探すのも大変なことで、できれば慣れた仕事で我慢してほしいところ。

まとめ

家族のことを考えると辞めるに辞められず、悩み続けている先生もいることは確か。

歳も取り続け、果たしていつまで仕事を続けるのか、考えただけでも精神衛生は極悪。

そうならないよう、引退の道筋を早めに決めておくのが一番。

 

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-事務所経営, 厳選ブログ, 家族従業員の処遇, 従業員, 所長の引退、経営陣から撤退
-,

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.